日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
月の恋人−歩歩驚心:麗、20話END。

月の恋人−歩歩驚心:麗、20話END。

見終わって、こんなに何もないドラマも珍しい、という第一声。。。。うん。どうしよう(笑)

 

光宗が王になるまでの過程はわかったのだけども、あまりに内容に乏しくて、これは史劇だと思ってみたらダメな奴ですね。

皇后には完全に嫌われていた。兄弟からも、蔑視されていた。ある一部を除いては。

そんな彼が王になっていくわけですが、今一つ彼の背景というものが見えてこないので、なぜ王になれたの?!的な疑問を抱いてしまったのですが、それはこれが史劇ではないと思って視聴することでなんとかなると言えるでしょう(笑)←言えるのかっ?!

なんだ、この感想(゚Д゚;)

 

まぁ、イ・ジュンギさんはかっこいいんですけどね。

もっと強力なライバルがいたらよかったのに。イ・ボムスとかに第8か、第3の皇子を演じさせたらもっとコテコテな感じになったのにな。ん、ドラマを根底から覆すようなこの発言はいかんか。

 

IUさん、歌手でデビューしたてのころはよかったのになぁ、なぜ演技に走ったんだ。なぁ。

いや、かわいらしくていいんですが、王の寵愛を一身に受けるという役柄にはちょっと不釣り合いでしたねぇ。。。。

 

見終わったなぁ、しかし次何を見ようかな。

 

 

 

月の恋人−歩歩驚心:麗、16話まで。

月の恋人−歩歩驚心:麗、16話まで。

王建の息子たちの政争のお話なんだけども、なかなか醜い争いを兄弟同士でしてるのね。

この時代にはつきものかもしれませんけど。

 

 

脆弱なバックグランドしか持たなかった王建の長子で第2代王は、一度は失脚した第3皇子によって、引きづりおろされる。

そして、その第3皇子(ホン・ジョンヒョン)が、粛清を行うのだけども、このために手のひらをコロコロと変えて世を渡っていくのが、第8皇子のワンウク(カン・ハヌル)で、だんだん表情がくら〜くなっていきます。さらに、自分の愛するものを守るため、苦しい決断をしいられた第4皇子ワンソも第3皇子の粛清の忠実な犬、とまで言われてしまう、という感じ。

 

現在は、第3皇子が第3代王になり、第8皇子、第4皇子は忠実な犬を装いつつも牙を研ぐ、という感じ。

史実からいうと、第4皇子は第4代光宗となるんですね。そして、第8皇子はおそらく生き延びるのかな?、その子が第6代王になるみたいですね。

で、この二人の間でIUは揺れる女性を演じるわけなんですけども、最初はウクに好意を寄せていますけども、途中からはワンソ一筋って感じですね。おかげでワンソはなかなか危険なところを通ることになりますけども。

 

 

このドラマ、そこまでドロドロとした感じもなく、王になったものがどんどん自滅してしまう、というような感じで、細かな策略があるという政争に特化したドラマでもなく、どちらかというとメローな部分の方に重点おいてる感じでしょうか。陰ながら、ワンウクを慕う女性でもいれば展開も違うのでしょうけども、そんな複雑なものもないという、なんとも中途半端な感じです。

そして、悪いことに確か光宗を題材にしたドラマは、昨年、チャン・ヒョク主演でやってたはずなんですよね〜(笑)

出てる俳優さんは魅力的なのに、脚本ってほんと大事だなと思わせられてしまうドラマです。←久々?のなぜか上から目線コメント!

 

ま、最後まで見ますけどね。あと4話です(笑)

 

久々の生存確認w
仕事が変わって1ヶ月半経ちましたが、なかなか10年染み付いた、朝は9時からのからだが新しい朝は8時からに馴染むのはなかなかに難しいようで、少し格闘しておりますw

元来、夜型な僕なので、なかなかこれは大変だったりします。
まあ、早寝(この時間に起きてるので、全然できてないが)早起きはいいことだと思いますので、どうにか対応中であります。

夜更かしができないとなると、切ないことに趣味の時間も削られ、ブログに書くほどのこともないので、何も書かない、という感じなのですよね。

いままで浸りきっていたルーティーンを考え直すいい切っ掛けになっております。時にかわることは、嫌なものですが、それもすんなりと受け入れられる年になってきたのかなぁ、と思ったりします。

ま、これからも、韓国ドラマやNBA、サッカーなんかはボチボチ見ますけどね〜(^_^;)
月の恋人−歩歩驚心:麗、6話まで。

月の恋人−歩歩驚心:麗、6話まで。

なかなか平日は見れないんですけども、週末にチョコチョコっと見ていくスタイルになりそうです。

このドラマ、史劇なんだけども、まったく史劇っぽくなくて、気軽に見れています。

 

第8皇子のワンウク(カン・ハヌル)とへ・ス(IU)は、二人とも好意を抱いているということみたいですね。

 

 

こんな雪のシーン、いつ撮ったんだろう?謎だわ、韓国もう雪降ってるんだろうか。

まぁ、それはいいとして、ワンウクの政略結婚した年上女房がなくなったことによって、へ・スの人生も動き始めます。今まではまもられてましたからねぇ。

 

なんとヘスが王様と婚姻するという(笑)なんだよ、その唐突なの。

まぁ、ヘスの機転でそういうことにはならないんだけども、王命に従わなかったということで、宮中で働かされることになるんですね。ま、そういう感じで違和感なく、宮中にあげるという脚本ですね(笑)

奴婢にされてもおかしくはなかったんですけども、気の毒な気もするしな、という王様の決定。

この時、ワンウクとワンソ(イ・ジュンギ)も王様に一言モノ申してるけども、これについてはお咎めなかったのね。

さーて、これからどう展開していきますかね。全然よくわからない。

 

 

空港に行く道、2話まで。

空港に行く道、2話まで。

 

 

イ・サンユン、キム・ハヌル主演のKBSの作品です。ちょうど始まって1か月というところでしょうか。

これ既婚男女のお話なので、不倫なのかな?と思いつつ恐る恐る見てみました。

なぜなら、僕はそういうドラマがノーセンキューなので(^^;

 

ただ、2話までを見る限りちょっとよくわからない感じです。

ルームメイトになった子供の父であり、母である者同士が、出会うというところで、そこまで不倫臭(笑)がしていませんね。

 

キム・ハヌルさんの演じるフライトアテンダントのチェ・スア、夫パク・ジンソクはシン・ソンロク。

一方、イ・サンユンが演じるソ・ドウの妻キム・へウォンは、チャン・ヒジンさん。ま、きつめの2番手女性としては定番の女優さんですかね〜

スアの同期、友人として、チョ・ヨジンさんも出演してらっしゃいます。このあたりが主要なキャストというところです。

 

2話までは、スアとドウの出会いを描いているので、ここから先もう少し見てみないとどんな展開なのかよくわからないんですよね〜

ちょっと気になっていたドラマではあるので、月の恋人をみつつ、年末に抱えてはこのドラマは見ていこうかなと今のところ思っています。この2作と、あともう1本くらい今年は見れればいい方ですかね。

 

キム・ハヌルさん、若いころはめっぽう嫌いな女優さんだったのですが、最近は、落ち着きと時折見せる年相応なかわいらしさで、とても見ていて嫌味のない女優さんになられたなぁと思います。(なんて偉そうなコメントww)

イ・サンユンさんは、今や売れっ子ですけども、今回の作品は、これまでの配役とは少々違うのかな、という感じがします。でも、彼特有のソフトな感じはそのままですね。彼は、私の娘ソヨン(邦題:いとしのソヨン)のウジェっしの印象が強すぎてなかなか僕の中では突き抜けれないんですけども、いい俳優さんですよね。

 

ま、もう少し見てみることにしていみます。

 

 

月の恋人−歩歩驚心:麗、4話まで。


 

月の恋人−歩歩驚心:麗 (放題は、麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜、以下省略。)

高麗の建国直後の王建が在位時代の王子たちの政争から物語ははじまっています。

この時代の話もあまりよく知っていないほうなので、これまた、歴史を知るという意味では多いに興味ある作品なので、見てみました。出演者からして、どう見ても娯楽大作として作られていますけど(笑)

IUさんのちんちくりんな演技は相変わらずです(^^;

 

ま、なんといっても、イ・ジュンギ、カン・ハヌル、このあたりの役がかっこいいのですよ。

王建の第4皇子であるワン・ソを演じるイ・ジュンギさんですが、これはのちの第4代皇帝、光宗ということですね。

カン・ハヌルさんは、王建の第8皇子。

 

 

KNTVでは、立派なサイトまでたちあがっちゃってますね。→コチラ

 

第3皇子の役を演じるホン・ジョンヒョンさんですが、いい感じにちょっと小物感というか嫌われ者臭を漂わせていていい意味で役にはまってます。

皇太子の座を、また皇帝の座を常に狙う貪欲な人物ですね。

 

ま、まだまだこれからですが、母から愛されていない第4皇子のワン・ソが現代からやってきた、魂が憑依したようですが、怖いもの知らずのヘス(IU)に触れることで少し人間味を垣間見せるのですね。

この二人でどうやってロマンスが成立するのかな?(笑)と思ったりもするのですが、まぁそこはいいとしましょう。

 

まずは、4話まで見てみましたが、意外に(笑)さわりはOKといったところです。

 

 

むやみに切なく、全20話視聴・完。

むやみに切なく、全20話、視聴終わりました。

新しい仕事になって、深夜の視聴が多くなりそうです。週末に一気見とかね。

 

終盤は、やはり泣かせどころ満載のドラマでございました。久々に泣けたわ〜

まぁ、こういうのに弱いのね。

 

この4人が話の中心なんだけども。以下、ネタバレっすよ。

 

 

男2人は、異母兄弟になります。

彼らは、ユン・ジョンウンが起こしたひき逃げ事件の検事だった人の息子になる。

そのひき逃げ事件で、殺されたのは、ノ・ウル(スジ)の父。

ジテ(イム・ジュファン)は、その事実を知りながらも、当時は検事であり、現在は国会議員の父をいさめることすらしなかった。また、事件を起こしたジョンウンにも何もいわず、波風起こさずに生きてきたつまんない人物。

途中から、シン・ジュニョン(キム・ウビン)は、何の証拠もないが、ジョンウンに接近し、自分が病でなくなる前にノ・ウルのために真実を明らかにしようとする…、という感じのお話。

 

よっしゃ、まとめたった(笑)←久しぶりに仕事しましたの満足感?

ただねぇ、このサブキャストの二人がソフトだし、軽くて、ストーリーに厚みがなくて、途中退屈してしまいました。

あぁ、イム・ジュファンの母は、かなりな人物で、久々の強キャラでしたけど。まぁそれは見ればわかる。

息子から、け〜むり、って言われてたもん最終的には。

 

主演の二人は、若い、さわやか、で良かったですよ〜

そして、シン・ジュニョンとお母さんの最終2話くらいのやり取りは、それはも涙で。そりゃあ、あんなシーン作ったら、見てる人間は泣かないことないだろってシーンばかりでした。

ストーリー全体としては、何のひねりもない、ストーリーで、うん、脚本家さんちょっとさぼりすぎじゃないのって感じはしました。ハルとノ・ジクの掛け合いがほほえましく見えてしまうくらい。これも何の変哲もないんだけども、そこくらいしか、そういうシーンないんだもん。

まぁーちょっとこの手の作品にはもう広がりは見せれそうにないのかな〜と、ちょっと限界を思わせる(前から思ってたけど)、作品でした。キム・ウビン君はでも、グッジョブでしたよ。

次回作に期待です。

 

はい、全20話、エンド。