CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ご挨拶。


主に韓国ドラマとNBAのPistons、あとサッカーなどのスポーツねたとかたまーに家族ネタなどをつらつら書いてます。

興味があればコメントなどしてみて下さい。
過去記事へのコメントもどうぞお好きになさって下さいませ。

これまでのドラマの視聴履歴はこちら⇒視聴履歴
2019年 視聴済みドラマ一覧。
上から視聴順に並べてます。

胸部外科:心臓を盗んだ医者たち
三銃士


RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
胸部外科:心臓を盗んだ医者たち 1話を見ました。

 

「胸部外科:心臓を盗んだ医者たち」の1話を見てました。

韓国SBSの木曜ドラマ、どうも1日で2話を連続放送するようです。9月27日の放送開始。

コ・ス、オム・キジュン主演。医療ドラマ苦手な僕があえてこれをみれるのだろうか…

女性主人公?のソ・ジヘさんは今回はまだ登場されませんでした。

 

コ・スの演じるパク・テス医師は、どうもお母さんが重体のようですね。大動脈がどうこうといってたので、かなり大きな手術が緊急に必要な様子。

手術の受け入れ先を探す中で、テサン大学病院に連絡をとりつけたらしい。

電話を直接、知り合いの医師にかけたようで、電話をとったのが、そのテサン大学病院の胸部外科のチェ・ソッカン教授(オム・キジュン)。

 

1話の最後、テサン大学病院に母を連れて行くんだけど、結局、手術することを断られてしまう。

テスの母の手術をやめさせたのが、病院長なんだけど、これを演じるのはチョン・ボソクさん。うん、いかにも悪役なん。悪に手をすでにそめてそーんですよー

いいドラマには、いい悪役は必要なのですよねん。

 

以外とみれてしまった1話でした。

オム・キジュンさんはやっぱりかっこいい。コ・スは若干渋みを増しましたねぇ。

2話以降も見れるといいなと思う作品でしたよ、果たして…

 

では。

 

| 胸部外科:心臓を盗んだ医者たち | 02:22 | comments(0) | - | |
今年も、まだ2つ。

こんばんは、結構、夜更かしは相変わらずしているのですが、韓国ドラマの視聴はまったくしてない毎日です。

今月なんて、まともに家に帰ってきたためしがないくらい仕事に追われております。

なんだろう、なかなかに毎日つまんないですよ、ホント。

 

 

イ・サンユンのアバウトタイムは、3話まで見ましたが、完全にリタイア。手がつかなくなってしまいました(^_^;)

と、さらっと挫折報告。

 

 

この9月末〜10月初めにかけて、3作品ほど気になってみた作品があるので、それを手に取るかもしれません。

いや、動画でドラマを見るかもしれません。手にはとれないや(笑)

 

 

一つは、ソ・ジソプさんの主演ドラマ。アイリス、みたいなドラマかな〜、久々に見るドラマということではジャンルとしてはいいかなぁ?と思ってるのだが、たぶん見ない確率高し。

二つ目は、ソ・ジヘさんの出演される医療ドラマ。ちょっとトーン暗め、医療系なので、どうしようかなぁ。

コ・スは別にいいんだけど、もう一人が、オム・キジュンさんで、さらに悩む。うーん、みたいなぁ。彼はいいのよね。

いつも2番手か3番手のソ・ジヘさんが主演女優なので、珍しくて見てみたい。好きな女優さんだし〜

3つ目は、10月入ってですが、チョン・ソミンちゃんが、ソ・イングク君と共演という作品。うん、楽しみ。

 

 

3つを見るパワーはないので、それぞれ1話を見てみて、どれを見るのか、はたまた全部みないで、このまま年末突入かをきめることにします。なんだよそれ、やる気ないじゃないかwww

うーん、もう10月だ〜、NBAも始まる〜、サッカーも新シーズンはじまってるよ〜

 

 

と、適当に書きなぐってまた今度。では。

 

 

| 視聴状況 | 01:57 | comments(0) | - | |
あなたそこにいてくれますか? を見てみました。

キム・ユンソク&ピョン・ヨハン主演の「あなたそこにいてくれますか?」をみました。

めったに見ない韓国映画です!

でも、久々にいい映画だったなぁ。楽天TVで見たんだけども。

 


 

 

30年前の自分に会いに行く、そして、会えなかったあの人にもう一度あって…、という物語。

最近よくある、時間旅行ものかなぁ。

そんなファンタジー、いぇーい!って感じはないですよ。←当たり前www

 

もちろん、キム・ユンソクさんが現在のスヒョン(主人公)で、ピョン・ヨハンは過去の若くてかっこいい俺w、の役です。

韓国ドラマらしい反転もあり、現在の俺は、もう病で先がないのよねん。

この二人の男性俳優に、もう一人キム・サンホさんがテホという親友役で現在の方に登場するんですけど、彼が最後にいい味をだしてくれてました。

 

現在の人間が過去で何かすることによって、現在が変わってしまうかもしれない、という思いもありつつ、しかし、過去に関与しないわけにはいかなくなるスヒョン。

心の葛藤がありつつも、現在の愛するヨナのいない現在は嫌だと、過去で、現在のスヒョンのいうことに従う過去のスヒョン。

映画という定められた尺のなかなので、不満な部分もないことはありませんが、心の葛藤のなかで揺れる過去のスヒョンを演じたピョン・ヨハンさんが良かった作品でした。

 

うん、良作でしたよ。佳作、とまではいわないですが。

 

 

| 韓国映画 | 03:11 | comments(0) | - | |
アバウトタイム、1話を見てみました。

アバウトタイム、1話を見てみました。ひっさびさのドラマ視聴かも(・o・)//

イ・サンユン、イ・ソンギュン主演のtvNドラマです。

 

ヒロインのミカ(イ・ソンギュン)には、人の寿命が時間として見えるという、変な能力があるようです。

それによって、目の前で人が死ぬのに、どうしようもない、という現場を何度も体験してしまっています。さらに、自分の寿命もすでに見えていて、それが1年を切っているのね。

 

 

主人公のドハ(イ・サンユン)は、財閥グループの次男坊のようです。

設定としてはありがちな感じですが。

 

あと、ヒロインの友人役で、元KARAのハン・スンヨンさんが出演されています。

すでに何本かのドラマには出演されており、演技も初見ではないですが、相変わらず微妙です(笑)←ミョーに辛口。

 

1話を見た感じは、見れそうなドラマでした。

見えていたはずの、寿命時計が止まってしまう、という1話のラストでした。

可愛らしいヒロインさんですが、さてどんな感じで展開していくドラマなのでしょうか、着地点をどこに置くのかが見所だなぁ、とすでにそんなことを考えてしまいます。

 

 

 

 

 

| 視聴状況 | 02:30 | comments(0) | - | |
念のため。

プロフィールに倉敷市在住、と書いてますので。

無事でございます。というか、倉敷でも私の住んでいる地域では被害がほぼなかったです。

 

ただ、知り合いの家で、一階がまるまる浸水してしまったというところや、避難をしている友人もいて、かなりひどいところもあります。被災したその友人も、まだ茫然自失といった感じで、これからどうしていくか徐々に決めていこうかと話していたと聞いています。それから、何かヘルプできることがあれば、と思っている次第です。

 

一応、ご報告まで。

 

 

| その他 | 11:15 | comments(4) | - | |
Chatmonchy完結。

チャットモンチーが今日の武道館でのライブで、ワンマンとしてはラストのライブを行いました。

WOWOWで放送がったそうですが、見れなくて残念。

まぁ、またどこかで見れるのかな?

 

女子3人のスリーピースとして始まったチャットですけども、サポートメンバー入れたり、最後は打ち込みやったりで、いろんな挑戦のあったバンドでした。

一時、聞いてませんでしたが、ここ数年、youtubeにまだまだ動画はあるので、ちょこちょこ聞いています。

んー、見つけたら、いいバンドは去っていくのねん。

 

たくさん楽しませて頂きました。

二人には、もう次の活動も決まっているし、ますます活躍に期待ですね。

 

 

 

 

| その他 | 00:08 | comments(0) | - | |
手の届くところまで…

サッカーのW杯ロシア大会が続いてますが、覚えているうちに書きなぐっとこう。

日本代表は、善戦虚しく2−3でベルギーに逆転負けをきっし、大会を去ることになりました。

 

大会直前の監督交代ということを考えれば上出来ととらえることもできるかもしれませんが、試合を見ていた私には、とてもそうは思えませんでした。ハイライトを少々見ただけで、あれこれと語る”奴ら”をぶん殴ってやろうかと思ったほどです。

ベスト8は、日本にとって初のベスト8は、ほんとうにあと少し、手の届くところまで来ていたのに。あぁ悔しい。ほんっと悔しい。

 

プラン通りの戦いで相手の攻撃に対処しカウンターを放つ。

日本のスピード、アジリティを生かした、日本が勝てるときにはこのような戦い方だといわんばかりの展開でした。

2つのファインゴールもあり、最高の展開でした。

夜中でしたが、ほんとうに拳を握って、TVの前でガッツポーズしました。歓喜の瞬間が2度も訪れるなんて!!

 

 

 

以下、それ以降の試合についてのあくまで僕の個人的な雑感を書いてます。

異論反論は受け付けておりませんので、あしからずm(__)m

 

 

結局、プラン通り以上?に試合を進めていたことが、フェライニを投入してからのベルギーのチェンジオブペースに日本が対応しきれなかった要因になったのかなぁ、と思いました。あと少しだ、まだまだやれる、と。相手が上手のヘディングでしたが、1失点目のあと、ねじを巻きなおすタイミングあればよかったかなぁ。

 

個人攻撃をするわけではないですが、交代で投入された2選手もほぼ埋没していました。

右サイドで文字通り元気に動き回っていた原口がいなくなり、後半に入り全体の運動量も落ちる中で、全盛期ほど走れなくなっている本田選手の投入は僕にはちょっとギャンブルにうつりました。柴崎は、このチームの心臓であり、彼に変えてディフェンシブな山口を入れたのですが、それならば、高さ対策があっても良かったのかな?と思いました。

本田選手のキープ力は誰もが認めるところですが、周りが動かないと、彼はいきない。直接FKからのシュートは決まりませんでしたが、見事でした。

西野さんが試合後のインタビューでも言ってるように、何がこのあと少しの差なのか、明確なものはまだ出てきていないですね。

ま、今となっては、何をいっても、タラレバですが。。。。

 

 

試合後のインタビューで、酒井選手が攻撃陣に申し訳ない、ということを述べていましたが、そんなことないでしょ。あんたMVP級の働きだったじゃないの攻守に激しく上下動して、素晴らしかったもん。

乾君も、試合後、応援してくださった方に申し訳ない、と、いやいやそんなこと言わないでよ、いい夢を見させてもらったんだから。ほんと、こっちがありがとういいたいくらいなのに。

いろいろ言われながらも、最後までチームのために戦った香川君、必ずしも彼の良さが100%でたわけではないけれども、今のチームで出せる最高のパフォーマンスだったと思います。

本田、香川を同時に使うんでなく、どっちかに絞った時点で、西野さんのジャパンは必ずうまくいくだろうと感じていましたが、その通りでした。勝つチームに核になるオフェンスプレーヤーはやっぱり一人でいい。

ドイツ大会がうまくいかなったのは主役が多すぎたから、もあると思う。

 

代表引退を発表した、長谷部キャプテン、お疲れ様でした。

あ、そうそう、最後にやっぱ大迫半端ねぇー(笑)

 

柴崎、大迫、昌子は、これからの代表の核になるのかな。7月中に次の代表の方向性も決めたいようなことを協会も言ってますしね。さてさて、これからどうなりますかな。岡田さんに次いで、日本人で二人のW杯で指揮をとった西野さんですけども、続投はあるのかなぁ。

 

 

| サッカー | 02:53 | comments(0) | - | |
<< | 2/383PAGES | >>