CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ご挨拶。


主に韓国ドラマとNBAのPistons、あとサッカーなどのスポーツねたとかたまーに家族ネタなどをつらつら書いてます。

興味があればコメントなどしてみて下さい。
過去記事へのコメントもどうぞお好きになさって下さいませ。

これまでのドラマの視聴履歴はこちら⇒視聴履歴
2019年 視聴済みドラマ一覧。
上から視聴順に並べてます。

胸部外科:心臓を盗んだ医者たち
三銃士
神との約束


RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
Pistons、来季に向けて…

Pistonsのサラリー状況。

 

2019/20 2020/21 2021/22 2022/23
Blake Griffin $31,873,932 $34,234,964 $36,595,996
Andre Drummond $25,434,262 $27,093,018 $28,751,774
Reggie Jackson $17,043,478 $18,086,956 $0
Jon Leuer $10,002,681 $9,508,043 $0
Langston Galloway $7,000,000 $7,333,333 $0
Ishmael Smith $6,000,000 $0 $0
Josh Smith $5,331,729 $5,331,729 $0
Glenn Robinson III $4,075,000 $4,278,750 $0
Luke Kennard $3,275,280 $3,827,160 $5,273,826
Thon Maker $2,799,720 $3,569,643 $4,861,853
Jose Calderon $2,393,887 $0 $0
Zaza Pachulia $2,393,887 $0 $0
Wayne Ellington $2,383,076 $0 $0
Henry Ellenson $1,857,480 $0 $0
Sviatoslav Mykhailiuk $1,487,694 $1,416,852 $1,663,861
Bruce Brown $838,464 $1,416,852 $1,663,861
Khyri Thomas $838,464 $1,416,852 $1,663,861
Isaiah Whitehead $726,390 $0 $0
Kalin Lucas $648,008 $0 $0
Keenan Evans $77,250 $0 $0
Zach Lofton $77,250 $0 $0
Totals $126,557,932 $113,235,402  $67,011,631

 

今季、NBA全体で7位のサラリーを払って、PO1回戦負け。

久々にPOに出場したとはいえ、なかなか厳しいシーズンでした。そして、すでに数名が契約切れになるのですが、ほとんど変わらないサラリー総額\(◎o◎)/

すでに、やばい来季ですwww

PGは、契約最終年で、けががちなレジージャクソンのみ。キャップスペースを作りたいチームに、うまく声をかけれないのかなぁ?

2年後のドラモンドの契約は、プレーヤーオプション。グリフィンの契約は、3年後まであります(最終年は39million!!)。

 

ジョッシュ・スミス様の負債wは、一応来季で終わりますので、もう1シーズンは今のサラリー状況のままで戦わねばなりません。

PGとSFの補強は必須だと思いますが、そんな安価ないい物件があるのかどうか…

誰か優良物件教えてくれぃw

 

 

| Pistons(NBA) | 21:33 | comments(0) | - | |
アベンジャーズ・エンドゲームを見てきました。

 

巷で噂の?アベンジャーズ・エンドゲームを見てきました。

はっきり言って、アメリカの娯楽大衆映画にまったく興味を持たない私なのですが、息子がどうしてもみたいといい、なぜか妻も前売り買ってたので、乗っかって行って来ました。←そう!映画館で見たのです!!

これまでの人生で映画館に行った回数が片手で足りる私なのですが、ついに両手になりました(笑)

 

 

思っていたよりも面白かったですよ。

どうやら周囲の行きたいと言っていたどの友人たちよりも早く見に行ってたみたいで、驚かれてしまいました。

ただ、大して細部を知らない私にこの映画を語る資格などあろうはずもなく、楽しかったです。

 

 

| その他 | 19:05 | comments(2) | - | |
4月末、視聴状況。

神の約束を見終えて、今見ているのは、地上波で放送の「空港に帰る道」のみ。

ん?これもちょっと怪しい雰囲気(個人的に…)のドラマで嫌な感じはしてるのですが、主演の方々は好きなので、見ています。

 

パク・シフ主演のバベル、も出演者はよさそうだったのですが、1話の最後からいきなり不倫のドラマか、となって一気にテンションさがってしまいました。おそらく見ないだろうと思います。

これも、韓国ドラマらしいドラマだったのですが、それだけに発見もすくなそうで、まぁめぐりあわせじゃなかったのかなと思ってます。

 

あと、

 

 

4月のはじめから始まったドラマです。これを見ようかなぁと。パク・ミニョンさん、実は女優さんとしては全然嫌いとかじゃないんですけども、彼女の出ているドラマは挫折が多いです。

しかも、今回はロマ・コメっぽいw大丈夫か苦手ジャンルじゃないかい。なのですが、まぁ唐突にいつも通り見始めるのでしょう。

GW中にいま手元にある5話までは見終えたいところ。

 

そんな感じです。

 

 

 

 

| 視聴状況 | 01:11 | comments(0) | - | |
神との約束、全48話、見終わりました。

神との約束、全48話を見終わりました。

久々の長編で、ちょっと疲れましたが、いい作品でした。

ハン・チェヨンさんが母親役ということで、どうかな?と思うところもありましたが、概ねわたしは好意的に見ました。

 

ジヨン自らが手放した子を、自分ではない別のナギョンが、そして、その人はかつての夫になる人物の今の妻、が育てるという普通では受け入れがたいことですが、それでも、その子ジュンソを元気に成長させて下さったことに感謝しかない、と言い切ってしまえる母の心境はすごいなぁと単純に思いました。

 

 

終始、こんな表情で、ハン・チェヨンさん、以前のイケイケな感じの役とは全く違う雰囲気になっていてびっくりしました。見事な演技変身だったのではないでしょうか?

 

(以下、随所にネタバレあり。注意〜w)

 

 

終盤は泣き所もあって、久々に韓国ドラマらしいドラマを見た気がしました。

オ・ユナっし演じるナギョンが、まぁ見事に悪役なんですけども、この人もかわいそうな人で。ジェウクの嫁の座をなんとかジヨンから強奪し、弁護士としての腕もありながら、会社での立場も確保しようとする、なおかつジュンソの母としての立場も固守したいという執着にとらわれた人物でした。

何も持たないところから始めたナギョンは常に失う、ことに対する恐怖で自分を強く保たなければならない強迫観念でいっぱいだったのでしょう。

完全一致(そんなもの存在するのかな?)のドナー提供者が現れたのに、わざわざそこへ電話していって、提供辞退させてしまうという、夫ジェウクをはじめ、祖父サンチュ、産みの母であるジヨンが聞いたら信じられないようなことをさらっとやってしまう、彼女はほんと憎たらしい敵役でした。

最後には、自分が痛めつけ続けたジヨンによって、叩きのめされ、であるのにもかかわらず許され、ボロボロになってしまうんですよね。気づいたときには自分はもう遠くまで来てしまっていた、という感じなのかなぁ。

 

まぁしかし、こういう人物がいることがドラマの視聴を劇的に早めますねw

オ・ユナさんにとってはなかなか精神的にハードな役だったのではないでしょうか。グッジョブです。

 

最後、ジヨンが控訴を取り下げたことについて、このドラマでは許し、という言葉を使っていました。

許しを得たいのならば、まず自分が許すことだ、という言葉が教訓として最後に語られていました。。。。

 

 

 

| 神との約束 | 01:27 | comments(0) | - | |
Pistonsは終戦。

今季も楽しくNBAをPistons中心に見ていたのですが、先日のプレイオフ1回戦のバックス戦でスイープくらって、今季投了となりました。

 

 

3年ぶりのプレイオフは、相手が第1シードということもあり、エースのグリフィンが1,2戦をけがで欠場するという苦しい展開でした。若手が起用されていました、期待に応えるには至らず、残念なシーンが目立ちました。

ま、それも相手を考えれば、経験のない若手には酷というものでしょう。

第3、4戦の途中まではホームで第1シード相手にも十分やれていました。来季どれだけのメンバーが残るかわかりませんが、さらにステップアップしてほしい。

 

 

Pistonsのファンにもいろいろな方がいらっしゃいます。自身のバスケ経験にもとづき冷静な分析をされる方、どんなことがあってもポジティブに応援されるかた、プレイ経験があるのにくだらないことクダクダいう方w、わたしはバスケのプレイ経験はほぼありません、はっきり言ってしまいますがwww、わたしにとってはバスケは見て楽しむものです、そして、わたしは自分の感じたことをそのままこのブログに書いてしまいますので、分かってないなー的なご指摘はして頂いて結構なのですが、構わず感じたことを書き殴ります。

 

で、PistonsのこのPOについてですが、

まずバックコート陣には、もっと安定性と勇気を持ってほしい。レジージャクソンを筆頭に、ルーク・ケナードもイッシュも、プレーがどうにも安定しない。そして、これはツイッターで他の方もいわれていたのですが、リーグでもNo.1のリバウンダーがいるのにシュートを躊躇する場面の多いこと、そして、リムをアタックしない。相手のビッグマンにとって、スピードにまさるガードの選手が、突っ込んでくるのは嫌なはずなのです、ヤニスにもっと突っかけてファウルさせて、イライラさせてファウルアウトにさせるくらいの考えが欲しいです。正直、ソフトすぎますよ。

このチームでプレイしてくれていることに対する感謝は多いにあるけど、高い給料もらってあの程度の働きしかしていないレジー・ジャクソンには不満しかありません。

ケナードやブルース・ブラウン、彼らがPOを経験したことで、来季どんな飛躍をしてくれるかは、今から楽しみで仕方ありません。絶対に悔しかったはずでしょうから、オフにさらにステップアップして帰ってきてくれることを信じてます。

そう信じてファイトし続けた選手が、元Pistonsのクリス・ミドルトンが、このプレイオフでは目の前にいたのですから。

彼のように、彼らが飛躍して欲しい。

 

 

グリフィンについて、不満に思うところも多々ありますが、けがを押して出場し、チームリーダーとして、3戦、4戦を特に前半は好勝負にもっていってくれました。ディフェンスの得意、好きなプレーヤーではないですがヤニスをとめた体を張ったプレーには正直感動も覚えましたよ。

はっきり言って嫌いな選手でしたが、オールスタープレーヤーである彼がこのチームに来て黙々とプレーしてくれていること、感謝しかありません。Pistonsの選手でいる限り、来季も精一杯応援して、サポートしたいと思います。

 

問題は、アンドレ・ドラモンド。彼もチームのリーダー、旗頭たるべき選手ですが、このシリーズの彼には不満でした。

もちろん、たくさんのビッグマンに囲まれて、四方八方から突っかけられて、満足にフエも拭いてもらえず、フラストレーションを抱えながらのプレーだったと思いますが、だからどうした!誰と戦ってるんだ、もっと自分のプレーに集中しろ!と言いたい。

シーズン中にも、シクサーズのエンビードにイライラさせられ、ファウルアウトした試合もありましたが、まだまだ精神的に未成熟です。一つのプレーに一喜一憂せず、しかし、パッションは保ちつつ、頭は冷静にプレイしなければならない。自分の武器は、その体躯を生かしたプレーと、リバウンド。そこにこそ全精力を集中させてほしい。

グリフィンが入ったとはいえ、このチームは彼のチームです、彼がしっかりと立たない限り、このチームの成功はない。

そのことを本人も自覚し、スリーポイントなんて打てなくて問題ないんですよ、それで優勝したのがPistonsというチームでしょう。時代が変わっても、このチームはそういうバスケで優勝を勝ち取ってきたんだから。

 

 

ま、いろいろ書きましたが、GoPistons!!、ってことですw

 

| Pistons(NBA) | 02:46 | comments(0) | - | |
三銃士、見終わりました。

三銃士、見終わりました。全12話?だったんだけど、これカットあったのかなぁ。

ひっさびさに地上波でやってたのを録画して、日本語字幕で視聴したので、楽だった〜

キャストも全然悪くなかったし、内容も楽〜に見れる感じのもでしたしw

 

結構、面白かったんだけども、時代背景が主人公がスカッと成功する時代じゃないので、最後の終わり方はとてもモヤモヤした感じでしたが、まぁあんなもんなんじゃないという感じ。

三銃士の脇を固める二人とか、面白かったんだけど、さして掘り下げるエピソードもなくそこまでのインパクトは残らなかったですねぇ。

 

ネタバレになりますが、ソ・イニョンさんがあんなにキーになる人物だとは思わず、最後の方の流れはかなりドン引きのえげつない女の設定でびっくりでした。

 

そういえば、チョン・ノミンさん出てましたよね。世子の先生というような立場で、朝廷の重臣だったようですが、相変わらず史劇に出ると役柄をとわずはまってしまう。いいベテラン俳優さんです〜

 

イ・ジヌク演じる世子ですけども、最後は後金に人質に取られたところで終わりましたので、悲壮感などありませんでしたが、史実ではこのあと帰国し、ひどい仕打ちを受けてしまうかわいそうな世子なんですよねぇ。

 

ま、とりあえず、視聴終了。カテゴリーすらつくらなかったので、まぁ押して図るべしwww

 

 

| 視聴状況 | 00:19 | comments(0) | - | |
三銃士を見始めてみてます。

 

これいつのドラマなんだろうw

tvNで放送されたドラマ、チョン・ヨンファさんは、バンドのボーカルやってる人よねん。

フランスの物語「三銃士」を、朝鮮版にしてみたらいかが?というもの、かな。

 

民放で地方ローカルだと放送してるんですよ〜

久々に日本語字幕視聴は楽チンでいい。内容も単純に楽しめそうな感じで。

 

ソ・ヒョンジンとか、今大活躍の人ですよね〜

ま、楽しんでみてみます。

 

 


 

| 視聴状況 | 08:47 | comments(0) | - | |
| 1/384PAGES | >>