日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< むやみに切なく、全20話視聴・完。 | main | 空港に行く道、2話まで。 >>
月の恋人−歩歩驚心:麗、4話まで。


 

月の恋人−歩歩驚心:麗 (放題は、麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜、以下省略。)

高麗の建国直後の王建が在位時代の王子たちの政争から物語ははじまっています。

この時代の話もあまりよく知っていないほうなので、これまた、歴史を知るという意味では多いに興味ある作品なので、見てみました。出演者からして、どう見ても娯楽大作として作られていますけど(笑)

IUさんのちんちくりんな演技は相変わらずです(^^;

 

ま、なんといっても、イ・ジュンギ、カン・ハヌル、このあたりの役がかっこいいのですよ。

王建の第4皇子であるワン・ソを演じるイ・ジュンギさんですが、これはのちの第4代皇帝、光宗ということですね。

カン・ハヌルさんは、王建の第8皇子。

 

 

KNTVでは、立派なサイトまでたちあがっちゃってますね。→コチラ

 

第3皇子の役を演じるホン・ジョンヒョンさんですが、いい感じにちょっと小物感というか嫌われ者臭を漂わせていていい意味で役にはまってます。

皇太子の座を、また皇帝の座を常に狙う貪欲な人物ですね。

 

ま、まだまだこれからですが、母から愛されていない第4皇子のワン・ソが現代からやってきた、魂が憑依したようですが、怖いもの知らずのヘス(IU)に触れることで少し人間味を垣間見せるのですね。

この二人でどうやってロマンスが成立するのかな?(笑)と思ったりもするのですが、まぁそこはいいとしましょう。

 

まずは、4話まで見てみましたが、意外に(笑)さわりはOKといったところです。

 

 

スポンサーサイト
COMMENT