CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ご挨拶。


主に韓国ドラマとNBAのPistons、あとサッカーなどのスポーツねたとかたまーに家族ネタなどをつらつら書いてます。

興味があればコメントなどしてみて下さい。
過去記事へのコメントもどうぞお好きになさって下さいませ。

これまでのドラマの視聴履歴はこちら⇒視聴履歴
2019年 視聴済みドラマ一覧。
上から視聴順に並べてます。

胸部外科:心臓を盗んだ医者たち
三銃士
神との約束
空港へ続く道
検索ワードを入力して下さいWWW


RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< 視聴断念のお知らせ〜 | main | 雑記。 >>
高慢と偏見、14話まで。
高慢と偏見、14話まで。
虚々実々、とい言葉を思い起こしますな。この作品。
ヨルムやカンスからみれば、弱みなんてないムン・ヒマン部長も、ドンチやほかのものから見れば、いろいろと突っ込み所、弱みがあるんですね。
それを突かれたり、突いてみたり。
面白い作品でござります。

短か目にして、ネタバレトークは続きにするといたしましょうか。

おっとその前に、本筋とはぜーんぜん関係ないですが、イ検事を当初からいいように転がしていたユ・グァンミ捜査官ですが、ついにおとした模様(笑)、の満面の笑み、をご紹介。



結構、楽しみにしていたりもします。イ検事、確実に尻に敷かれるだろうなぁ(^_^;)


 


15年前の交通事故の件で、明らかになっているのは、この事故のとき現場に居合わせたのがわかっているのは、ムン・ヒマンとチョン・チャンギの二人。そして、車を運転していたのは、後者。
彼らは、同期で同じチームだったみたいですね。
だから、チャンギはカンスのことが気になる。

そのカンスには、オ・テッキュンという人物のもとに働いている元警察官のパク・スンベが接触し、ちょいちょい情報をおとしていく。この人も捜査を妨害された口かな??

カンスが母をひいた人を知らずに、チョン・チャンギと話しているシーンはなかなかしびれました。
俺の名前は、ソ・テゥオンと言うらしいんだよ、とか。
まぁ、ついにそのことを知ってしまうことになるんだけども。

捜査の過程で、ハン・ビョルがいなくなった工場をもう一度訪れるドンチとヨルム、そこでドンチは、もう一度あの時の男に出会います。おそれで一瞬あとずさりしてしまいますね。




で、この男がどうもムン・ヒマンとも関係があるみたいなんですね。
ムン・ヒマン、天上天下唯我独尊みたいな男かと思いきや、上司の前でさらに土下座してみたりしますしね、たぶん、ドンチのために、ますますよくわからない人間です。
真実を暴くことにより、ドンチが、この世界から抹殺されてしまうのを恐れているようにも見えるし、自分たちのやらかした過去を覆い隠したいようにも見えます。
ふむ、わかんないな?

もう少しで真相に行き着きそうな感じもしますね。終盤、楽しみです。



今週のハン・ヨルムっし(笑)
失った弟ハン・ビョルを想い出しつつ、その向こうに真実が明かされることを見ているんでしょうかね〜
14話、エンド。
 
| 高慢と偏見 | 16:43 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 16:43 | - | - | |
コメント
コメントする