日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ずっと恋したい、全123話・完。
ずっと恋したい、全123話・完。
長編が終わるときってなんだかさみしい気分になるもんで、この作品もそのたぐいでした。
内容は大して目新しくもなかったんですけどね(笑)

結局、ああいう最後しかなかったんでしょう。
だいたい、予想通りのところに収まり、爽やかな恋愛が中心だったのは前半から中盤にかけてで、あとはThe韓ドラを地で行くどらまでございましたな。

キム家の次男坊、彼が意外にお気に入りだったりしました。



なんかたよんない、なよなよしたキャラなんですけど、途中から割としっかりしてきて良かったですね。
子がなかなか出来ないと悲しんでいる奥さんを支えて頑張りましたもん。

テヤンとユリの二人もそんなにうっとおしくないので、普通に見れましたしね。
イム・セミさんって、やっぱり特徴ある顔だちなんですよね。
まぁ、それにしても、このドラマ123話もよく見たな、が正直な感想ですかな。長編もやっぱり当り外れがあるよなぁ。
 
ずっと恋したい、122話まで。
ずっと恋したい、122話まで。
全120話予定だったはずですが、まだ続いています。うーむ(笑)
泥沼劇場はとどまるところをしらず、さらに泥沼化。これいったいどこに収束させるんだろう。

ユリ父チェ・ドンジュンは、結局、様々な罪の結果捕まるところまでいったのだけれども、ちょうどその時にユリ母(=テヤン母)が無理心中の事故のケガが原因で死んでしまい、最後に顔合わせをする途中で、逃走してしまう。
この状況で、彼を逃がしてしまう警察って無能すぎるんですけどね(・へ・)アリエナイー!
白衣を着て変装?し、テヤンがいる恐らく病院内の葬儀の場に現れるユリ父。なんと、ユリ母の遺影でテヤンをぶん殴ってノックアウト。この人ますますなんでもありなのだ。
そして、そのまま逃走。警察、いい加減に仕事しような(ーー;)

ユビンがますます不憫なんですけどね。
ハルモニは相変わらず態度を変えず、横柄なままだし。四面楚歌になっても、未だに虚勢をはり続けられるこの方ってある意味すごいけど、みじめ。ユリも呆れてしまってる。
こうなると、チェ・ドンジュンやハルモニあたりも死なないと話の収拾がつかない気がするのだが。

そもそも、ずっと恋したい、というタイトルを現すような爽やかな恋愛模様はいったいどこに行ってしまったのだろうか。
ここまで想定を外してくれるドラマもなかなか久しぶりなのだが、なぜ見続けているのかが、よく分らなくなってきた(笑)

 
ずっと恋したい、102〜112話まで。
ずっと恋したい、102〜112話まで。
日々ドラマの最後ってだいたいこんな感じなんでしょうか。全120話なので、もうすぐ終わるはずなんですが、未だにもつれにもつれまくっているという(笑)さすが、韓ドラ。

物語の中盤くらいから徐々に本性を現し悪者オーラ全開のワンジャンニム(笑)、写真左。
自分の思惑通り、妻を連れてきたキム・テヤン先生の拍手。笑みが悪すぎるだろ。





満面の笑みで、そうだろう、君はそうするしかないんだよ、はっはっは、良くやったよ的な。
そうでもしないと、自分の母が犯罪者にでもなってしまう、それを阻止するためには、自分が自ら捕まって話を丸く収めるしかないという展開。なんともまぁ不条理な。韓国ドラマは、この不条理が好きなのだな。と、改めて思う。
そういう自分も見ていて嫌いではなかったりするのですが(笑)疲れますけどね、見ていて(^_^;)

 
続きを読む >>
ずっと恋したい、101話まで。
ずっと恋したい、101話まで。
長らく見てきたこの日々ドラマも、いよいよフィナーレが近づいてまいりましたな。
それにしても、恋、どころか、それとは正反対の超ドロドロ、ザ・韓ドラ路線を地で行くドラマになっておりますな(笑)

この終盤に来て、ユビン&ユリの父チェ・ドンジュンのわっるーい笑顔が絵に描いたようで、嫌いになると共に、またそれかよー!ってなんか笑ってしまう。
みんなこのお父さんのいいようにやられすぎなんじゃないんかい。
何もしらずに、メヒョンっていってこの人の言いなりだった、ヨンランの弟は、やっと気がついたみたいだけれども、さっそくドンジュンにとっつかまってたみたいだし。

そういえば、途中でその話題に触れられなくなったけど、ユリはヨンランの子じゃないはずなのよね。てことは、ひょっとしてユビンも??
そこは全然すすまないんだよね。だから、今のところ、ユビンはテヤンを異父兄弟だとか思ってるんだろうか?目の敵にしているけれど。

98話〜99話のチェ家、キム家入り乱れての大騒動もこのドラマならではでした。いつも間に挟まれてしまうセッピョルとスアはほんとかわいそうなの。
それを思いやるジェミン、ナイスやぞ!とイ・ギュハンに◎押したいね。
それにしても、あのチェ家のハルモニは、ほんと身分のある金持ちのバーさんと言う感じで、全てが上から目線で、ほんと嫌んなるね。

テヤンとユリはハッピーエンドでは終われないんだろうかねぇ。。。。



ずっと恋したい、95話まで。
ずっと恋したい、95話まで。
よくこの状態で見続けられるもんだと思うんですけど、まぁ分りやすいドラマなので、大丈夫なのです。

ユリ母は、逮捕騒動で大変になっていたテヤンを助け、家に戻ると、家族の前で、自分の結婚前のことを明かしてしまいます。
もちろん、それはユリ父もハルモニもある程度知っていたことなんですけど。
それを聞いてしまった息子ユビンのショックたるや、じゃあ俺は誰の息子なんだよ?!という叫びも理解できます。さらにドロドロの様相を呈してきましたな、このドラマ(笑)

あと30話くらいで終わってしまうんですよね〜
爽やかなジェミン(イ・ギュハン)&セッピョル(ナム・ボラ)のカップルにまでこの家族は絡んでくるし、もう大変。
ジェミン父が、一時はセッピョルとの結婚を許さない、とか言い出したりして、ややこしいことに。ユリ父がいろいろ吹き込んだみたいで、この悪党め、セッピョルの父にもいろいろ吹き込んでいる(・へ・)
どこまで行きつくんでしょうね〜



ずっと恋したい、54~63話まで。
ずっと恋したい、54~63話まで。
リズムに乗ってしまうと、1つが短いので、20話くらいはあっという間ですなー
ユリ母の逆襲がちょっと始まっています。
この人はこのドラマの必要悪なので、キーキー言ったり、ちょっとありえない無茶をやらかしても、そのまま何もなかったかのように、日常がすぎていってしまいます。
この20話くらいの彼女の大活躍ぶりは、かなりっすから(笑)
まぁどぎついの一言(-_-;

そして、ジェミン(イ・ギュハン)は一つつらい選択をするのですが、そこからさらにまた新・事実に彼はついに、ぶち当たってしまう。
さーて、どーすんのー、ぼっちゃん!?



続きを読む >>
ずっと恋したい、45話〜53話まで。
ずっと恋したい、45話〜53話まで。
うん、なんて複雑な展開なの。てことは、ユリの母はだれなのよん??
謎がどんどん深まってるけど、とりあえず、ユリとテヤン先生は話しをすすめ初めてしまった。テヤンの方は何もわかってないけど。。。。

セッピョルはジェミンとの関係をついに、ジェミン母にばれてしまった。
ジェミン母はやっぱり自分の息子の話となると違うんだなぁ(笑)
まぁ期待通り、母が壁として立ちはだかることに。
そうなると、使用人として働いていたセッピョルにとってはやり難いというか、最初から引き気味ですよねぇ。ジェミンにとってはそれが余計に腹立つんだけど。
ところで、ジェミンはいつになったらセッピョルの娘の存在を正確に認識するんだろう?
そこも大問題だと思うんだけど。

全120話予定なんで、まだまだこっからいろいろあるんだろうな〜



続きを読む >>
ずっと恋したい、37-44話。
ずっと恋したい、37-44話。
すげぇぞこの展開。めっちゃ面白くなってきた。とまらーん(笑)

ユリ(イム・セミ)とテヤン(ソ・ハジュン)の二人はまだまだいろいろありそーで、これはすごい展開だ。
さすがは長編ドラマ。
テヤンのおんまが、ユリの母が誰であるかを認識してしまいます。
ということなので、彼女もユリとテヤンの結婚はダメ!となります。もちろん、テヤンのハルモニも同様なので、テヤンは八方ふさがりの状態に。



続きを読む >>
ずっと恋したい、33-36話。
ずっと恋したい、33-36話まで。メモ程度に走り書き。

セッピョルにジェミンは、もうややこしいことはいいから付き合おう、といったみたい。しかし、セッピョルはどうしていいかわからず。。。
お店に巨大なバラの花とか届いて、気持ちは痛いほど伝わってるんだけども、どうしていいかわからず。


続きを読む >>
ずっと恋したい、28~32話まで。
ずっと恋したい、28~32話まで。
セッピョル(ナム・ボラ)とジェミン(イ・ギュハン)の関係はますます切なくなってていいな〜
イ・ギュハン君、いいやな〜い(笑)
シンデレラにはまだまだ隠された事実もありますし、二人はなかなかくっつき切れない関係が続くんでしょうね。
うん、いいわこのドラマ。どろどろ要素もありつつだし。



続きを読む >>