日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
華やかな誘惑、50話視聴完。

華やかな誘惑、50話視聴完。

週末に時間があったのでサラッと見てしまいました。

うん、最後まで韓国ドラマの王道を行く感じで楽しかったですよ。久々にこのタイプのドラマを見たんじゃないかな。

僕は、そこまで長いとは感じなかったです。(←韓国では30話でおわりゃいいのに、とか言われてたらしい…)

 

チュ・サンウクさんは、いい役者さんになりましたね。

いろんな役をこなせてそつがない。しいて言うと悪役をやってない気がしますけども、まぁそっち系じゃないかな。

そして、チョン・ジニョンさん、ほんとこのドラマはこの人のドラマなのかなぁと思うくらい素敵でした。

昔から好きな俳優さんですが、今回も良かったです。

 

私の唯一の不満点を挙げるとすれば、やっぱり主人公であるウンス役のチェ・ガンヒですかね。

どうしても苦手意識があって、今回はおちついた1児の母の役なのでだいぶ見れたんんですが、やっぱり最後の方はどうもしっくりこないな感が出てきてしまって残念な感じでした。この人じゃなくてもいいのにな、とか一度思い出してしまうともうどうしようもなくって、これは個人的な好みの問題なので、どこがとか説明しずらいのですが、まぁこれから見られる方は参考にはされないで下さい。

 

逆に、チャ・イェリョンさんの悪女っぷりはまぁはまってましたよ。

いくところまで行って、どーんと落ちる感じもw

 

続きにもう少しネタバレ。

 

 

続きを読む >>
華やかな誘惑、46話まで。

華やかな誘惑、46話まで。

物語も大詰めっす。でもここにきて、さらに衝撃の事実が判明。そして、あの人が登場。マジかこの展開(笑)

 

語るとネタバレになるので語りませんが、カン・ソッキョンとヒョンウのバトルもここで節目となる。

なんだか寂しくなるなぁ。

 

ウンスは、もうすべて忘れてというのですが、ヒョンウにはまだすべきことがある、と。うむ。

 

 

ヒョンウは、行くところまで行くつもり。

続きにもう少し。

 

 

 

続きを読む >>
華やかな誘惑、38話まで。

華やかな誘惑、38話まで。

いやー、またまた盛り上がって参りました!

権力に結び付いたチョンインニム、強し。そー簡単に落ちないのね、さすが(笑)

 

そういえば、38話はこのウンス弟君がちょっと活躍して姉のヒョンウの窮地を救ってくれるんだけど。

ルックスはまぁ別として、いい演技するなと。なんて上から目線(^^ゞ

 

 

彼、何かのドラマにも主人公の弟君役で出てたんだけどな。

「気分の良い日」という週末ドラマに、イ・サンウの弟役で出てましたね。邦題は何かちょっとわからないし、放送されてるかも不明ですが。Rainbowのウリが出てたドラマだ。そういえば、このドラマにも同じRainbowのヒョニョンがカン・イルトの娘役で出てますね。

 

続きは、ネタバレしています。

 

 

続きを読む >>
華やかな誘惑、36話まで。

今年も半分以上が終わってるのに、まだ今年3作目をダラダラとみているブログ主とはコチラです(笑)

限られた時間の中で、みたい作品がズラズラ出てきているのに、ちまちまと韓ドラを見ています(;´∀`)

 

華やかな誘惑も終盤に差し掛かりつつあります。

ついにヒョンウの勝利なのか?!と思ったら、そうは問屋が卸さない(←表現ふるいよ!)。

まだまだあと10話以上あるもんね〜

 

イルチュ、お前が作ったドラマを私も楽しんだよ、と言って手のひらを反すヒョンウ。

 

 

 

 

お前が私の父を死に追いやり、15年も私のそばにいて、私を愛していると言ってきたんだ。そうやって、永遠に俺をバカにしてきた。ヒョンウ、ついに復讐を成し遂げ、イルチュをどん底へ突き落すことに成功。

イルチュがガクッとなった瞬間はちょっとすーっとしたんですけどね。

しかーーーーし!、まだだ、まだ死なん、的な展開が待っているわけです。

 

うん、この辺が、長いわ!と韓国で言われてしまった辺りなのでしょうか。

まだ、チョンインニムも36話の最後では復帰してくるようですし。まだまだ泥沼の闘争は続きますで〜(笑)

36話までエンド。

 

 

華やかな誘惑、28話まで。

華やかな誘惑、28話まで。

物語もいよいよ中盤、ヒョンウが復活してクォン会長と手を結ぶことになる。

あっちゃこっちゃこの男も大変だな。

でも、一貫して愛と復讐に生きるというところは変わっていない。

そして、シン・ウンスがそんなヒョンウをまたしても揺らがせる存在になる。愛ゆえの憎悪、というのかな。

でも、憎しみきれないのだろうな。28話です〜ぐ揺れた表情になったもんね。

 

カン・ソッキョンとク○ジャを俺が経験した以上の地獄を経験させてやるよ!と、イルジュに言い放ってたのに。

 

 

ウンスが、ヒョンウを助けるようなことをするから、一転、どうしてこんなことをするんだ?!と激しく動揺。

チュ・サンウク、今回いいわ〜

 

 

続きを読む >>
華やかな誘惑、22話まで。

華やかな誘惑、22話まで。

見られた方は分かるんでしょうけど、そういう展開になるんですね。知らなかった。

ウンスがそういうことになっちゃうんだなんて、ヒョンウは切ないですやん。

 

カン・ソッキョン情が移っちゃったのかな〜

イルジュにとってはますます好ましくない展開、かな。

 

この辺からあんまり書きすぎるとネタバレ全開になるので(笑)、続きでやりますね。

 

そういえば、この方、イルジュの義姉になるのかな。

 

服装もゴージャスな感じで、黙っていれば素敵な女性なんだけど、劇中ではめちゃくちゃおしゃべりの、コミカル枠のキャラなんですよね〜(笑)

秘書のウンスに肩入れしてみたり。時々見る、女優さんなんだけども。なんかインパクトのある方です。

 

では、続きに少しつらつらと。

 

 

 

 

続きを読む >>
華やかな誘惑、15話まで。
華やかな誘惑、15話まで。
ブログさぼってるというより、ドラマ見てない、だけで、今見てるのがほぼこれだけで、あります。

15話まで来ましたが、相変わらず面白いですよ。
イルジュ&ヒョンウだったのが、ヒョンウ&ウンスにいつの間にかなっていて、むしろイルジュは突き放されているのに、まだヒョンウにすがろうとしているという展開かな。いやちょっと違うのか。





イルジュのウンスに対する目はますます厳しく。
でも、お父さんがいるから、そんなにみんなウンスに無茶も出来ないんだけども、15話ではそろそろイルトの悪だくみも露見しそうです。

ヒョンウ母ーイルトームヒョク父のつながりがここらで浮かび上がることになるんだろうか。さて。
それにしても、ヒョンウのウンスに対する感情は本物なのかな?母の発言に対して怒りを表していたけども、それもどこまで本当なんだろうか?今回の母の財団へ金が流れていた件で、どうやら、ウンスはヒョンウとも決別しそうだけど。
ウンスの夫の死に対する復讐?という点はどうなるんだろうか。
まだまだ先長そうなこのドラマです。




15話エンド。
 
華やかな誘惑、8話まで。相関図など。
華やかな誘惑、8話まで見ました。
うん、意外に面白いですよ。最近、あんまりTVドラマ見てないから余計なのかな(笑)

相関図を公式サイトから引っ張ってきて、日本語ラクガキしてみました。



こんな感じです。
以下、8話までのネタバレしています〜


ウンスは、ヒョヌの父の家の使用人の子。イルジュは、カン・ソッキョンの秘書が密かに産み・育てていた子で、ハン・ヨンエにより保護され、ヒョヌの家に連れてこられたことで、カン・ソッキョンの元を引き取られます。
ウンスとヒョヌは、初恋同士ですが、そのウンスをイルジュが追い出します。しかも、そこにはヒョヌの父の死の原因となるという形で。それを作り出したのはイルジュですが。

時を経て、ヒョヌとイルジュは、仕えるもの、仕えられるもの、という形になっています。
愛し合っていた?はずですが。父により、引きはがされ、ヒョヌは、カン・ソッキョンに表面上は忠誠を誓っています。
ただ、イルジュには、生涯君を守るからと言っています。

ヒョヌは、図らずも危ない橋を渡ろうとしていたところをウンスに助けられます。
これにより、ウンスとの関係も復活してしまいます。巻き込まないようにしていたようですが。
ヒョヌは、ひょっとしてイルジュの裏に気が付いているのかな??

で、気になるのは、なんでカン・ソッキョンが、ウンスを見て、秘書を思い出すんでしょうか?
これが僕としてはなんかややこしくて仕方ないんですけど。
同じような境遇ということなのかな?
ウンスが家に来て、何かを探っているようだ、ということが、カン・ソッキョンに分かってしまい、8話の最後には書斎で首を絞められながら、何の目的でこの家にきたんだ?!と問い詰められてしまいます。
うん、謎の声の電話の主は誰だか分からないし、ウンスはピンチですね。
この声の主はヒョヌじゃないのかな〜?と思ってたんですけど、だんだん分からなくなります。
8話、エンド。

 
華やかな誘惑、5話まで。
華やかな誘惑、5話まで。
なかなかまとまった時間がとれないので、視聴が進みませんが、久しぶりに見てみるとさらにドロドロ系一直線という感じのドラマです(笑)



元首相である父カン・ソッキョン(チョン・ジニョン)のもと、イルジュ(チャ・イェリョン)は国会議員となったようですね。
ただ、異母兄にあたるイルトとの関係は最悪のようですね。
普通に、キ○ベ、って呼ばれてましたから。ふむ。兄はどうやら、能力はないが権威主義的な男のようで、父の後継の座を狙っているといったところでしょうか。
ちなみに、イルトの嫁は、パク・チョンアさん。なんだか久々ですね、この方。


ーー以下、猛烈にネタバレしていますので、ご注意を。ーー


ウンス(チェ・ガンヒ)は、ダンナを殺されています。一応は、事故死ですが。
その命令を下したのは、おそらくカン・ソッキョンのようですね。
5話の最後から6話の冒頭で、そのことが判明したようです。ウンスの方は、まだ分かっていませんが、カン・ソッキョンの方はそれを認識したようです。
ウンスが、カン・ソッキョンの家にメイドとして働きに来たことでそれが判明してしまいます。
そこには、当然イルジュもいるわけで。ふむ、ますますややこしい。ウンスは、むしろ自分がヒョヌ(チュ・サンウク)の父が死ぬ原因となった、あの事件の件で、この家に忍び込んだようですが。
イルジュの側からしてみれば、それを引き起こしたのは自分なので、あまりいて欲しくないというのが本音でしょう。

イルジュは、有力なTV会社の次男坊と結婚したようです。ヒョヌとは結ばれなかったようで。
このTV会社の社長もなかなかのたぬきで、さらにその長男は、チョ・ヨヌ!、彼も野心あふれる人物のようですね〜
ヒョヌは、カン・ソッキョンの監視のもと、イルジュに仕えている、という状況。
カン・ソッキョンは病を患っており、手術をしなければ、後5年程度の命のようです。
イルトか、イルジュか、どちらにつくのか、ヒョヌとしては当然愛する?イルジュなのですが、ヒョヌの母ハン・ヨンエは、イルトにつくべきだと言ってるので、ここもややこしい。
彼女は、ウンスがダンナを殺したのだ、と思い込んでいますから、この人のウンスへの扱いも酷いもんです。

複雑だなぁ。久々にこういうの見るな〜
楽しんでいます。5話、エンド。

 
華やかな誘惑、3話まで。
華やかな誘惑、3話まで。
先日終了した、MBCの月火ドラマで、全50話。50話は長過ぎた、という不安過ぎる評判の作品ww
なのに、あえて見るという。見終えるのに、夏前までかかりそうだな(笑)

2,3話は主人公たちの子役時代のお話しなんだけど、子役ちゃんが可愛らしいしので、いいんです。




お馴染みキム・セロンとキム・ボラ。前者がシン・ウンス(写真右、将来はチェ・ガンヒ)、後者がカン・イルジュ(写真右、将来はチャ・イェリョン)です。


1話のシーンから、時間は、1999年まで戻ります。
ウンスは、使用人の子、という立場なんですね。そこへ孤児として引き取られてくるのが、イルジュ。
どうも、この子は訳アリのようですね。お母さんは死んだことになっている人のようです。



写真中央のチン・ヒョンウが、ウンスの父の主人の子ということで、ヒョンウとウンスは、好き好き同士なのだ(笑)←なんだその表現。
まぁ、でも、ウンス的には自分の立場が分かってるわけで、複雑なんですよ。
あぁこういう若い子たちの青春の甘酸っぱ〜いのいいですね(完全におっさん的感想ですがw)

まぁでもこれからドロドロするのですよ。突然、ヒョンウの父が自ら飛び降りて死んだりするもんだから。
波乱の序盤、さーこれからだぞー
3話、エンド。