日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サッカーU-23日本代表。
1月よく見たら更新5件て、年明け早々、いくらなんでもさぼり過ぎ(笑)
サッカーのU−23日本代表は、五輪への切符をゲットした上に優勝までしてくれて、久々にエキサイトしてしまいました。
ま、僕一応、韓国人なんですけどね〜w
この年代の韓国代表は強くて、選手個々の技術もしっかりしています。日本にとってはぶの悪い相手だなぁと思っていましたが、0−2の状況から、最初は下向いてる選手も少しいましたけど、徐々に盛り返して、最終的には逆転勝利って、久々に粘り強いプレーの代表が見れてふつうに喜んでます。
3点目は、ちょっと韓国が焦り過ぎて、ラインを上げ過ぎてましたけどね。
気持ちはわかるけど、あんなにラインを上げたら、スピードのある浅野にとってはウハウハの状況ですよね。
うまく体を入れ替えて抜けた時点で勝負ありでした。彼はあの辺、心得てましたね。
イメージ通りの得点だったんじゃないでしょうか。

チームとしてのサッカーの趣向はそんなに新しいものが無かったのは残念ですけども、とにかく勝つこと、五輪に出ることをメインにして戦ったので、その通りの結果が出たことは大きいですね。
ただ、ほぼディフェンス一辺倒で、ミドルも打たない、横パスを裁くだけの遠藤くんには、クラブでスケールアップを目指さなければワールドクラスと対峙したときには、ディフェンスラインの前に張り付いているだけになってしまうでしょうね。
危なっかしい場面も多々ありましたけど、CDはおおむね及第点だったと個人的には思ってます。気合いが入り、叫べば叫ぶほどしゃくれてくる植田クンにめちゃ笑ってましたけど(笑)スマン
12番のSB室田、は今回の発見でしたね。彼、プロではやらないのかな。いい選手でした。

10番の中嶋くん、足元の技術がしっかりしていて、彼を生かせるチームに行けるといいのですけどね。シュート力も本番で見せてくれたようにありますし。ただ、Jリーガーとしてはまだまだこれからの選手ですし、ポジションを勝ち取って、アピールしていかないといけない所ですね。ま、今後、名前を聞くようになって欲しいところです。
彼のポジション、プレースタイルだと超えるべきは香川選手ということになってしまうでしょうけども。
こりゃ大変ですね。しかし、若い選手が成長して、A代表に早く食い込んでくるようでないと、日本のサッカーにも未来はなくなってしまいますからね。
オリンピック出場権は得ましたけど、今回の彼らが出れる保証もないわけですから。ますます、成長して力強くなって欲しいです。

 
U-23 北朝鮮戦、雑感。
勝利で試合を終えられたことは良かったですね。
厳しくゴール前へラッシュしてくる相手に対して、最後までチーム全体でしのぎ切ったことは今後このトーナメントを進めていく上での一定の自信にはなったと思いますね。

個々の選手で、良かったと思うのは、両サイドバックと、中嶋選手、あと2人のFWの鈴木と久保が私は目につきました。
特に、中嶋選手はボールが足元に吸い付くようなプレーで、見ていてすごく安心感があり、何かやってくれそうなプレーヤーでした。もっとゴールに近い位置でのぷプレーを見てみたいですね。

逆に、CBの岩波、替えられた南野あたりはちょっと心配でした。前者は、プレーが全体的に雑で、いい時はいいのですが、ポカをやらかしそうで見ていて不安な選手と思いました。あと、南野選手は、どうやら注目のプレーヤーのようですが、何がストロングポイントなのか試合の中では全く見いだせず、正直代えられて当然だったのでは?と思いました。
代わりに入った矢島選手が最初は少し戸惑いもあったようですが、あとはポジティブなプレー内容だったと思いましたし。
もう一人の交代で入った、ファジアーノの豊川選手は、試合終盤にゴール前でファウルを犯してしまったりと、ちょっとダメでしたね。確かに危険な位置だったので、激しくいきたいところですが、時間帯を考えればもう少しプレーのしようがあったのではないかなぁ、判断まずいなぁ、と思ってしまいました。そのワンプレーだけで判断してあげるのは、途中出場ですし、可哀そうではありますけど。

相手の北朝鮮が、後半はかなりゴールに直結するようなプレーだったので、押し切られないか不安でしたが、CBの二人とキャプテンの遠藤を中心によく守りきりました。
あと、そう、忘れかけてましたけど、画面にはそんなに頻繁には出てきませんでしたが、大島選手、すごく献身的なプレーでいい選手だなぁと思いました。多分、もっと攻撃的なイメージの選手だったんですけど、バランスの取れた選手だと思いました。あと、男前だしね(笑)
人気出るかなぁ〜

まずは、初戦、勝利で好発進ですね。

 
Jリーグが分かりにくい。
チャンピオンシップがなぜ2試合なんだよ。
みんな放送終わるまで知らなかったんじゃないか?
だいたい、リーグ戦が二つに分かれてるのもよく分からないし。
年間で一番勝ち点取ったもんが1位で、いいじゃないの。
だから、J”リーグ”なんじゃなにのかな??
リーグ戦やる意味ないじゃんか(笑)

昇格の方も、僕の心のチームジュビロ磐田の昇格には喜んでいるしだいですけど、あの3番目を決めるためのやつ、あれも分かりにくい。アビスパでいいじゃんよ。
アビスパが昇格できたからいいんだろうけどって話でもなくて、いたずらに試合数を増やすのはちょっとどうかと思う。
なんで、日本だけ、グローバル・スタンダードから離れてやってるんだろう。
不思議だ。
謎だ。

 
ナビスコカップ決勝。
ひっさかたぶりにサッカーをちゃんと見ました。
Jリーグのナビスコカップ決勝。ガンバvs鹿島の一戦。

結果からいっても、内容からいっても鹿島の完勝だったと思いました。
ガンバの中盤から前がどうも元気なかったですね。

あと、小笠原満男36才が元気過ぎるだろう(笑)
日本代表の柴崎くんよりも全然目立っていてびっくりしました。ファン・ソッコのゴールを演出した小笠原のCKは見事でした。

カップ戦の決勝だったのに、なぜかガンバはまったり入ってしまって、ペースを鹿島に握られたら、最後までそのままいかれてしまった感じでした。どこかでギアを入れなおしたかったけど、チェンジオブペースできる選手もそんなに見当たらなかったです。
まぁ、日本全体を見回しても、そういう選手はなくなりつつありますけども。

それにしても、日本の実況って相変わらずゲーム意外の雑談が多いですね。もっと、ボールホルダーの選手の名前を呼んで欲しい。
選手を覚えたいんだけど、試合そっちのけで話はじめるのがほんと耳障りだった。


 
引退してたんだね。
ヘルタ・ベルリンでプレーしてた元ドイツ代表CBアルネ・フリードリヒ、もう引退してたんだね。
2013年てことは、もう2年前だ。
運動能力が高くて、プレーも安定していて好きな選手だったんだけども。
たまたま別のことを調べてたらいきついて判明。
花のない選手だったし、バイエルンとかではプレーしてないから、代表にも出てたけど。

サッカー選手の寿命は、ていうか、スポーツ選手の寿命はほんと短い。
だからこそ、精根尽きるまでみんなプレーするんだろうな。。。。

 
Raul, "Es el momento correcto para decir adiós"
偉大なカピタンの新たな旅立ちが決まったようです。
数々のあくの強いオーナーたちのもとで、もくもくとゴールという自分の仕事をこなし続けた選手。
輝きはいつまでも焦ることはないでしょう。
モリエンテスとのツートップは、誰が何と言おうとも、僕の中の最高・最強ツートップです。



モリエンテスが引退している以上、いつかはこういう日も来るのだろうと思っていましたが、実際に来てしまうと寂しいですね。
ラウルいわく、”サヨナラを言うのに最適な時期が来た”、と。
そんなこと言わないでよ〜
という思いと、大しておっかけれてもなかったでしょと言われればそれまでなのだけども、シャルケを出てからは疎遠になってました。でも、思い入れが大きな選手のこの宣言は寂しい以外の何物でもないです。
そういう時期なんだなぁと自分を納得させるしかない。

以下は、自分用。マルカ紙のURL。全部見れるかなぁ。でも、読み漁りたい。

http://www.marca.com/2015/10/15/futbol/equipos/real_madrid/1444928401.html
↑まずは、ラウルが今季限りでニューヨークコスモスでのプレーを終え、引退するとの報道ですね。
動画は、ちょっと懐かしゴール動画などもあって、正直泣ける。

http://www.marca.com/2015/10/16/multimedia/graficos/1444948930.html
↑ラウルの20年以上?と題して、彼のキャリアを紹介していますね。
1977年6月27日生まれ。1059試合462ゴール。50試合を20年間で続けてやっと1000試合ですから、彼がどれだけコンスタントにこれまで試合に出場し続け、しかも、ゴールし続けてきたかが分かります。
 インターコンチネンタルカップ2度
 UEFAチャンピオンズリーグ3度
 リーガ優勝6度
などなど、タイトルもたくさんです。

http://www.marca.com/2015/10/15/futbol/equipos/real_madrid/1444939305.html
↑チャンピオンズリーグの節目の試合でのゴールを振り返ってる記事ですかね。
↓の写真右上は、懐かしいモロとのツーショットとか。チャンピオンズの優勝のときですね。




http://www.marca.com/2015/10/15/futbol/equipos/real_madrid/1444934438.html
↑この記事もラウルのキャリアの中を写真で振り返ってます。
↓この写真すきやわ〜



http://www.marca.com/2015/10/16/futbol/equipos/real_madrid/1444949383.html

http://www.marca.com/debate/2015/10/152611/prevotaciones152611.html

 
久々にサッカー日本代表。
昨日は、わりと真面目にサッカー日本代表のブラジル戦を見ていたんですが、なかなかにひどかったですね。
日本は言うまでもなく、ブラジルが(笑)
以下、僕の個人的な感想ですので、あしからず。。。。


なんですか、あの現代サッカーに全く逆行するチンタラしたサッカーは、ドゥンガらしくもない。親善試合なんてあんなもんですかね。ドイツにいわゆるフルボッコにされたのに、相変わらずですね。
ネイマールがボールを一生懸命、時折おっかけてたのがなんか可哀そうでした。
中盤に、特にセンターにもう少しいい選手が出てこないとブラジルもきついなぁと思いました。
あ、でも、久々にカカ見れて良かったですけどね。
彼ももうおっさんになりましたな。


ザキオカさんのがんばりが全体に伝わらないのかなぁ、日本代表は。細貝君とかかっこばっかで、全然効果的でない。ちょっとチャージされるとすぐ転がってて、話にならないっすよ。彼だけじゃないですけど。
正直、若い世代が出てきて活性化してくれるのかな、と思いきや、全然。
お互いのプレーを"感じない"選手が多すぎるの。組織サッカーの中で育ってきたのかなぁ?しまりのない試合でした。
ディフェンスに回った時に棒立ちの選手が多すぎて、誰が大声張出して指示だしてるんだろう、自分のプレーに精一杯で余裕がないんだろうな。
不満ばかり残る試合でした。



W杯ブラジル大会その2
スペインがずっこけ、日本もずっこけ、韓国までずっこけた模様で、私のワールドカップ・テンションはだだ下がり↓中でございますな。
後者二つはまだ可能性は残っているようですが。

結構、いろんなチームがブラジルの気候にやられていて、足が動いてない、という状況をよく見かけますね。
一方で、ブラジルは好調と、まぁ今のところ優勝候補の筆頭という感じですな。ドイツがそれに続くというところでしょうか。若いタレントが順当に成長してきていて、ほんといいサッカーをしています。

アルゼンチンやフランス、ベルギーはグループリーグに恵まれた感じもあってちょっと読みにくい。オランダもどうかなぁ?
チリとコロンビアがどこまでやるかは、興味深いですね。アジアの枠がそろそろ減りそうっすね〜(笑)



W杯ブラジル大会が開幕!
ワールドカップはじまった〜♪
って、まぁ、昔ほどの盛り上がりはないんですけどね。
放送時間も、夜から朝なので、見る体力ももうないし(笑)

日本代表は残念でしたね←って、まだ終わってない!
初戦でしたし、ブラジルの環境への慣れもありますし、1−2という最小得失点差だったのはまだ良かったですよ。スペインみたいに1−5とかだともう目も当てられないですけどね(^_^;)

イングランドとイタリアの試合は、結構ちゃんと見たんですけど、見ごたえ十分でしたね。イングランドはもう少し、コンビネーションを使いたかったんですけど、イタリアはどの代表でもだいたい守れるんですよね。なので、イングランドは苦労してました。
ジェラードの最後の大会、まぁ、ピルロにとっても最後の大会でしょうけど、なにかしらの成果を残せるといいんですけどね〜
あと、ララーナ、って名前覚えました。

ウルグアイが負けたのには驚きました。スアレスがベンチだったとはいえ、まぁこれは番狂わせですね。コスタリカは元気でしたもん。
ウルグアイって、やはり中盤の攻撃力がイマイチなんだなぁ。これも伝統的にそうですよね。その国のカラーってものが見られるので、これがワールドカップの面白いところです。

スペインについてはまたちゃんと見てからですかね〜
でも、ジエゴ・コスタじゃなくて良かったよね、とは思いました。
次戦、変えてきて欲しいですね。



6/12開幕です。2014サッカーのWorld Cup。

FIFAワールドカップ本大会組み合わせ のおさらい。


グループA:ブラジル(開催国)、クロアチア、メキシコ、カメルーン

グループB:スペイン(前回覇者)、オランダ、チリ、オーストラリア

グループC:コロンビア、ギリシャ、コートジボワール、日本

グループD:ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリア

グループE:スイス、エクアドル、フランス、ホンジュラス

グループF:アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア

グループG:ドイツ、ポルトガル、ガーナ、アメリカ

グループH:ベルギー、アルジェリア、ロシア、韓国


もちろん、日本は注目なんだけど、お隣の韓国もそうだけど。


メキシコ代表にラファエル・マルケスがいてちょっとうれしい。

シティの選手を中心に見たいところ。コートジボアールには、ヤヤがいますね。


ベルギー楽しみ。アザール、ルカクにフェライニ、コンパニーきゃぷてんもいるしさ。そうそう監督がビルモッツってなんだか時代は変わったんだねぇって感じがする。


ミルナー君も選ばれたイングランド代表。厳しそうだけどなぁ〜

アルゼンチンは、クンとサバレタさん。サバレタさんみたいな選手をきちっとつかうべきよねアルヘンは。

後半戦は好調だった、ナスリんは、フランス代表。ここも結構いい選手はそろってるんだな。


そして、ゼコがボスニア・ヘルツェゴビナで出場。初だねこれ。

クロアチアには、まだ、ニコ・クラニツァールがいますね。最近もうめっきり名前を聞かなくなってしまってる。


で、ドイツが僕は、南米でやるけども優勝候補だと思っている。

もちろん、スペインだってそうだけど、シルバ君、どんな使われ方でもがんばってねん。大丈夫、活躍する場はあるさ。


スアレス、カバーニに、フォルランまでいるウルグアイのアタッカー陣。


ピルロ、シャビ、ジェラード、エッシェン、といった選手にとっては最後のW杯になるのかなぁ。ヤット君も多分そうですね〜