日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
私の人生の春の日、15-16話。視聴完。
私の人生の春の日、15-16話。視聴完。
久々に終わりの方はかなり泣ける作品でした。穏やかに時は流れていくんだけども、その時は確実にやってくるという感じで、最後は少しつらかったかな。

すでに気づいている方もいらっしゃるかと思いますが、このドラマの記事を連投していたのは、実は去年のうちに見終わっていたのに、書けてなかったからです。これを書いてしまってから、それから、2014年を振り返ろうかな、と。
ですので、まだ2014年の宿題が終わらないわけであります。


かわいらしい花嫁さんですよね〜
この景色もすごい絶景で、いつかこんなところに行ってみた〜い!



で、だいたい、僕って最終話のあらすじは書かなかったりするんですよね(笑)ここまで書いといて。
でもねぇ、いい作品でしたよ。恋愛時代ほどではなかったけど、カン・ウソンさん、やっぱりいい俳優さんなんですよ。

(続きに少し書いておきますかな。)
 
続きを読む >>
私の人生の春の日、13-14話。
私の人生の春の日、13-14話。
ドンハの子である二人もとてもかわいらしいんですよね。



この13話で語られるのですが、ドンハとスジョンの間には最初子供が生まれなかったんですね。
で、孤児をサポートするプログラムに彼らも参加していて、その中でプルンを授かったようです。実の子ではないということだけども。でも、実の子と全く変わらず、よい信頼関係にありますけどね、プルンとドンハは。
そのことであなたを失望させるかもしれないけど、ごめんね。あなたが、この事実が受入れらないなら、仕方がない。プルンは私の子だから、とちょっと奥歯にものが挟まったような言い方をするドンハですが、それを聞いたボミ、全然失望なんてしないんだけども、むしろあなたがそんな風に(子供より私をとるような発言を)するなら、私があなたに失望したもの(笑)って。

いいんだよな〜、こういうくだりも。

 
続きを読む >>
私の人生の春の日、10-12話。
私の人生の春の日、10-12話。
MBCの演技大賞では、司会を務められたスヨンさんですが、情報番組の司会もやったりするくらいなので、慣れたものでしたが、さすがにミニシリーズ部門での受賞の時には涙を抑えられなかったようですね。



監督やメンバー、ファンへの喜ぶ一方で、最後のほうに、自分がアイドルでプレッシャーを感じながら自分でもできるだろうか?と思いつつ始めたのだが、偏見なく私をリードして下さったカン・ウソンそんべに感謝します。と、ドンハにお礼をいってましたね。
彼女の明るい感じと、カン・ウソンさんの落ち着いた感じがすごくマッチしていていいドラマなんですよね。

10話では、ウド島で二人再会するところからです。



海をバックに手を取り合う二人、なんとも素敵なシーンだったんですよ〜
ドンハの方は、ぶっきらぼうに、そこで何をやってるんだ?どうしてこんなところまでやってきたんだ?、とボミに言うんですけどね。そんなの聞かなくでも分るだろ〜♪

 
続きを読む >>
私の人生の春の日、7-9話。
私の人生の春の日、7-9話。
ドラマの展開はそんなに早いわけではないですが、必要以上に引っ張らない感じで、見ていて心地いい感じがします。
カン・ウソンさんのゆったりした深みのある演技と、スヨンさんの根っからの明るい感じがいいんですね。

7話〜9話で、徐々にドンハ(カン・ウソン)とボミは真相に近づいていきます。

彼が知らずに言った言葉が、ボミ(スヨン)をすごく勇気づけるんですね。



心臓移植のことを知ったドンハは、私のために家族を失い、愛する人でさえも失った人がいて申し訳なく思っているというボミに、それはあなたへの贈り物だったんです。そんな風に思う必要はなく、あなたは十分にやさしいひとだし、心暖かな人だし、ボミがプルンたちにしてくれたこととても感謝しています。だから、その心臓はすでにあなたのものですよ。



勇気づけただけでなく、ボミはドンハのことを完全に好きになってしまうんですね。
この後のボミの表情がそれを物語っています。

 
続きを読む >>
私の人生の春の日OST〜I Believe
おぉー、おぉー、この年の瀬に、来ましたな―
9話まで見ましたが、これはこの展開は私の好きな展開で♪



こうなると、OSTが耳に入ってくるんですよね。
いい曲じゃないか。
あんな突然、島に行ってよく会えたねボミ(笑)
うん、これは記事かかなくっちゃ。

 
私の人生の春の日、3-5話まで。
私の人生の春の日、3-5話まで。



写真のスヨン、カン・ウソンのほかに、主要キャストとして、カン・ウソンの演じるドンハの弟ドンウクに除隊されたイ・ジュニョクさんと、追跡者に悪役の秘書役で出ていたチャン・シニョンさんというキャストです。
この4人のキャストは基本的にみんな好きなので、見ていて困ることがありません。


チャン・シニョンさんは、これまでどちらかというとドロドロ系な役が多かったと記憶していますけども、今回も損な役回りであるようです。
5話までで、ある一定のことがわかってきますが、まだ大事なスヨンの演じるボミのセルラーメモリー現象の要因は、主人公のドンハには伝わっていませんね。
いつ、どんな形で知るのか、というのは結構、ドラマの分岐点だと思うのですが、あまり引っ張りすぎるとしんどくなるので、さっさと通過して欲しいもんです。でも、その伏線はすでに出てきていますけど。それがまたいいんですよね〜


わたしゃ、このカン・ウソンさんが好きなんですよね。彼の作品は、今まで見たものはたいがい当りでした。
「恋愛時代」とかほんとに好きでして。今回も楽しみにしております、このおっちゃんに(笑)

 
続きを読む >>
MBCの新ドラマ「私の生涯の春の日」、ちょこっと見てみました。
MBCの新ドラマ「私の生涯の春の日」、ちょこっと見てみました。
ソニョシデのスヨンさんは、どうも病気持ちなのかな〜
相手役は、チョン・ウソンさんだと思い込んでいたら、カン・ウソンさんじゃないですか〜!!
『恋愛時代』のカン・ウソンさん、この人地味なんですけどね、いい演技される方なので、楽しみだなぁ〜
イ・ジュニョクさんも帰ってこられて、なかなか楽しみです。これは見る!多分wうん、いいな。これはいい。多分だけどw