日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
未生(ミセン)、全20話・完。
未生(ミセン)、全20話・完。



このドラマは、なかなかに見るのが優しくないなぁ。
サラリーマンしてる僕にはちょっと痛いのね。切なくて。仕事のお話なんですけども、切ないのね。

単純明快な成功記ではないので。あまり言うとネタばれになるんでしょうけども、見るにはちょっとそういう重たさも理解しないとダメかな、と思いますね。
停滞している韓国の経済を象徴しているようで、2年間と期間を区切られたの契約社員の奮闘をメインにしているんだけども、彼の同期はみな、スペック申し分なしの人たちばかりで。
だから、見ていて余計に切ないの。ただ出ている俳優さんたちは、爽やかだったり、脇役さんたちはみな名演で、すごく見ごたえがあります。


続きはネタばれもあると思います。

 
続きを読む >>
未生(ミセン)、13話まで。
未生(ミセン)、13話まで。
結局、3月では見終わりませなんだ。近年まれに見るスローペースでございます、今年は。まぁそれもいいか。

ミセンは、12話の会社の重役たちへのプレゼンが最高にドキドキで、良かったですなぁ。



最後までみんなの緊張は解けなかったけど、なかでも途中で名指しされてしまったチャン・グレの緊張はもうすごかったでしょうね。はぁ〜、とこの写真の後に崩れ落ちた彼の気持ちも分りますよねぇ。

このドラマって、ほんと、これ以外にもあー、あるある、会社だとそういう人いるよね、とか、そういうことあるよね、とかいうシーンが満載で見入ってしまいます。

チャン・グレをツイッターでフォローしてくれたソンミさんは実際、彼の前に現れるのだろうか?
ソユルが勝手に返信変えしたりして笑えました。
まぁ、多分、出てこないと思うけどww



この後ろにナムサンタワーが見えるこのカットいいですよね〜

 
続きを読む >>
未生(ミセン)、9-10話。


この写真でいうほどかっこよくないのよね、カン・ハヌルw
今回かっこよかったのは、チャン・グレ!
悪者を追い詰めていく検事のような鋭さでしたやん。

ところで、この写真の一番右の人誰やねん。ドラマが半分終わったのに、まだ出てこないww

営業3課のニューフェイスにして、厄介者のパク課長。かき回しますよー、この人。



ただ、この人の横暴を営業3チーム一同、ほったらかしにはしないのね。
逆にとっちめてしまいます。
仕事中にサウナに行くとか、普通ありえないっしょ。それでも黙認したオ課長でしたけども、限度をこえちゃあいけませんよね。

 
続きを読む >>
未生(ミセン)、8話。
未生(ミセン)、8話。
なんだよー、チャン・ベッキ意外にヘタレじゃんww
もう少し踏ん張りを見せて欲しかったのにな。今後の展開が気になりますねー




やめたいのなら、俺はとめないぞ。と、あっさりと心を見抜かれてしまうんですよね。
カン・ハヌル、こんな演技もするんだな。
自信満々のはずだったのに、やれるはずだったのに、相手にすらしてもらえないこの状況からあっさり逃げ出してしまうチャン・ベッキ。一度、心折れたら、そのまま逃げだしてしまうのだろうか。
それじゃあ、本当の意味で、成長なんてないと思うけどね。

 
続きを読む >>
未生(ミセン)、7話で。。。。
未生(ミセン)、7話で。。。。



ミンソクさんが出てきてるんですよね。ドキドキ甘い、という前に見た長編で主演されてた方です。多分、このドラマを見たという方は日本ではそれほどいないんじゃ…(・_・;)
なんだか、やな感じなチャン・ベッキ(カン・ハヌル)の上司役で。

でも、言われた通りにしない彼も悪いんだけどね〜
会社では良くあることですよね、自分では良かれと思ってやったことでも、それが他人の時間を奪ってしまったりすること、部下に必要な第一は忠実さ、だと思うんですよね。
あとは、時をもう少し見分けないと。



新米社員の苦悩はまだまだ続くのであります。
このしろーい顔が、いかにもかけだしの新入社員って感じですよ。

って、このドラマ、なかなか重くって、一話一話をかなりじっくり見てしまうんで、進まないんです。
いつもは1話分見てるくらいの時間でだいたい半分くらいしか見終わらない(笑)
それだけハマってるんだろうか。うん、そうかも。

 
ミセン(未生)、5話まで。
ミセン(未生)、5話まで。



ちょっと書かないうちに5話までたまってしまいました。
新入社員あるあるから、サラリーマンあるあるみたいな、辛くて、苦しくて、そんなドラマなんだけども見てしまう作品。
みんなそれぞれの部署にやっと配属されたみたいね。
チャン・ベッキ(カン・ハヌル)は、配属された部署に不満があるようだけども、本人の経験の無さをここで磨いてもらおうと言うのが経営者側の要求のようですねん。



今回、このカン・ハヌルがちょっと嫌味な役なんですよねぇ。同期を見下している、という感じで。
いるいる、そういう奴〜(笑)
でも、多分彼も、ヨンイ(カン・ソラ)にそれが現実だ、とかいいながら、自分も現実にぶちあたるんだろうな。
そんな苦悩する姿を見たいな。そして、そこからどう這い上がるのか、奮闘するのか、そんな姿がすがすがしいドラマなのだから。シワンの演じるチャン・グレは既にあがきまくってるんだし。

営業部のソン次長(シン・ウンジョン)の子供にまつわる話も、働くお母さんからしたらあるあるで、お父さんでもそうだけども、ちょっと涙してしまいました。顔をちゃんと書いてもらえないなんて、切なすぎるじゃない。なんのために仕事頑張ってるのか、ってなるし。




そうそう、子供の保育園に出てきた、グレと一緒に遊んでた女性ですけど、彼女、Dr.フロストに出てましたよね。
イ・ユンジさんの妹役で。


ここだけの出演かな〜
グレの番号教えてくれって、ヨンイに聞いてましたけど。教えたのかな??

今回は、オ課長の巻き込まれたトラブルの件でしたね。
ああいう、送った、受け取ってない、というのはよくあるんですよねぇ。。。。

 
続きを読む >>
ミセン(未生)、2話を見てみる。
ミセン(未生)、2話を見てみる。
1話はとーの昔に見ていたので、久しぶり。でも、このドラマ、普段サラリーマンやってる僕にとっては興味深いのだ。
今でこそ、いっちょ前に役付きでしゃーしゃーと仕事してたりするけれども、最初は大卒でもなーんもわからなくて、必死でもがいてたもんです。
そんな新人君を見ているのは歯がゆくもあり、ここからどう脱皮していていくのか、挫折していくのか興味深いのです。
シワン、カン・ハヌル、カン・ソラと注目若手俳優・女優が出ているところも要チェックや!と、意気込んでいたのに、完全に出遅れて今頃の視聴です(笑)


なんだかお偉いさんのコネで入ったとか噂が入ったのか、パートナーになろうと、いろいろ声をかけられて、しまいには、誰でもいいはそんなのとか言ってたヨ ンイ(カン・ソラ)にまで声かけられるんだけども、あぁ、そうかそういうことだったのか、と気が付き落ち込むグレっし。出来ない、能力もないお前を助けて 良くすれば、パートナーは自分の評価が高まるだろう、とか先輩に言われたり。



今回もどどーんと主役は落ち込みますけどね。
大事な書類が人目に触れるロビーに落ちていたりしたので。。。。
出てけ!と課長にどなられちゃうけど、実はこれはチャン・グレ(シワン)のせいではなかったのだい。



こいつのせいじゃなかったんだよ、ととーとつに飲みの席で言われて、九死に一生を得るグレっし。へっ!?みたいな(笑)
ちょっとね、どんくさいのよ。ぱっぱっぱー、と動けばいいのにねー

未生、日本語では、まだ生まれないこと、この世に生をうける前、というような意味だけども。
一人前の社会人として、まだ生まれていない存在、ということなのかなぁ。



今日のカン・ソラっし。まだそれほどなんですけど、シワンになんとなく困ってるようだから、ネクタイをかけやすいように仮結びしてあげたり。
カン・ハヌル君の出番が少ないですねぇ。ちょっと、皮肉矢っぽい感じなんですけど、さてどういう絡み方をしてきますかねぇ。今後、楽しみな存在です。

 
ミセン、1話。
ミセン、1話。
今、韓国のケーブルTVのtvNで話題沸騰中のドラマ。視聴率がケーブルでは8.6%とかすごい数字を記録してる作品。

シワン、カン・ハヌル、カン・ソラと若手の注目株も出演していて、かなり楽しみな作品。
オフィスでの仕事を中心としたドラマのようですが、主演のシワン君は、かなりできない子みたいなんですね。
コピーの仕方も知らない、というおぼっちゃん。
ちょっと陰湿ないじめをうけてみたり。
トーンはやや暗めでしたな。ずっと恋したい、に出演してた、次男坊が出てますね。ちょっといけずな先輩役のようで、今までとは正反対の役です。

 カン・ハヌル。
 シワン。
 カン・ソラ。

まだ、面白いともなんとも言えませんが、見てみようかな。
この重苦しい現実に、若者たちが立ち向かっていくんだろうか。
会社に入って即戦力になる若者、など早々いるものではない。僕だって、2年はほとんど下済みと勉強の毎日だったもん。年末の忙しい時期に、唐突に見てしまったのだが、さてどうしよう(笑)