日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ラファの近況。
テニスは4大大会のシーズンを迎えるので、ちょっとラファ・ナダルの近況をあさ〜く見てみました。

現在の世界ランキングは、ジョコビッチ、マレー、フェデラー、ワウリンカについでの5位。ちなみに、その下の6位に錦織君。
直前のローマでの試合では、セミクォーターファイナルでジョコビッチに敗れています。
クレーの大会だったんですけど、最近は優位でもないですね。
ことジョコビッチ戦に関しては、7連敗中です。この試合でも、左足にマッサージを受けつつ試合していたようですね。

ただ、クレーシーズンに入って、モンテカルロ・マスターズ、バルセロナと連勝していて、その次のマドリッドでもファイナルでマレーには敗れましたが、いい調整が出来ているようですので、フレンチオープン期待したいですね。
やっぱり赤土の王者がラファには似合うので。返り咲いて頂きませんと。V10、今年こそ!

マドリッドオープン後には、クレーシーズンを良い形でスタートでいたことにすごく喜んでいました。
戦っていくなかで、良いサービス、安定したサービスを打つことを一つキーポイントにあげていましたね。
そんなにサーブはストロングポイントではないナダルですが、フットワークだけでは勝てませんしね。
調子は良さそうですし、楽しみです。

 
代表監督にハビエル・アギーレ氏。
サッカーの日本代表の新しい監督が、メキシコのハビエル・アギーレさんに決まったそうですね。メキシコのサッカーは好意的に見ていますし、楽しみですね。
私個人は、日本人の監督にやってもらいたかったんですけど。協会は、日本人の指導者では役不足だと感じたようです。

協会は、先のW杯での敗因の一つに調整不足をあげてましたけど、そんなの言い訳にならんよ。監督・スタッフがそのくらい見抜けなきゃ。そんな選手がいて、事前にどうして別の選手と変えられなかったのよーん。
調整不足の選手を主力で使ってどうなるかは、スペイン代表のカシージャスを見ればよく分ります。世界一だったチームでもそうなのに、日本代表はちょっと自分たちの力を過信しすぎていたようですね。

もう少し、客観的に情報を判断できる人間を置いた方がよいと思うのですが?、どうでしょうね。監督一人でなんでもできるわけでないし、代表にも変化が必要な時期ですね。選手、監督、スタッフ含めて。。。。

次の代表の主力が本田や香川、長友や柿谷である必要は別にないですから。



Rafael Nadal Wins Record 9th French Open Title!!!
9度目のローランギャロスのタイトルをナダルが獲得、おめでとう!
5連覇も同時に達成。通産14度目のグランドスラム大会でのタイトルになり、あのピーと・サンプラスと並び歴代2位に。あとは、フェデラーだけ。

毎年思うんですけどね、まさに絶景とはこのこと。
選手冥利につきますよねぇ〜、こんな舞台でプレーできるだなんて彼らは幸せです。この舞台に立てる人間のなんと少ないことか、いつの日か、錦織選手にもそんなチャンスがやってくるといいですよね。
直前のクレーの大会では、惜しいところで負けが続いていて、その中にはジョコビッチとの対戦もあったから心配していたんですけども。第1セットを奪われたんで、さらに心配したんですけども、でもでも、跳ね返してくれて、彼の言ったように、限界までプレーした結果、このようなことを成し遂げられたと思いますね。

芝でのプレーを出来るのかどうかわかりませんけど、次はウィンブルドンが待ってますね。
相手からしたら勘弁してくれよ〜ってなもんでしょうけど、同じ時代にフェデラー、ジョコビッチ、マレーなどの好敵手がいることは彼にとっても幸せなことですね。しのぎを削って、さらなる高みを目指してもらいたいですね。
Vamos, Rafa!!


全仏オープン絶賛開催中!
テニスの全仏オープンが絶賛開催中であります。
われらがナダル殿は順当に勝ちあがって、次は、ダビド・フェレールとの対戦となります。

ツォンガとヤノビッチの試合を見たのですけど、ツォンガのプレーが以前にくらべてだいぶん洗練されてきていて、パワー系のテニスをする選手という思い込みもたぶんにあったのだけども、実際パワーはあるんだけども、すごくショットが正確で、相手のミスを逃さないテニスでした。
いつの間にこんなにいい選手に成長したのかなぁ?と思ったけど、よく考えてみたら、ジョコビッチと大接戦を繰り広げたりしてたし、まぁそれも当然なのか、と変に納得しました。
そのジョコと、次は再戦になるそーですねツォンガ。

ナダルと当たる前に、やっつけといてくれると助かりますけどね〜
このあとは、少し、ベルダスコとマレーの試合を見てから寝るつもりです♪

(追記)
マレーの試合、第3セットの第4ゲームまで見て寝たんですけど、マレーのプレーはスマートの一言。
常に冷静で、きれいにショットを淡々とまとめている感じでプレーしていました。べルダスコのようなアグレッシブに打ち合ってくるプレーヤーにまともにはやりあわないように、自分のペースでプレーしてるように思いました。
逆に、べルダスコは、先にミスをしてしまい、セットを取られてしまっていて、結果、ストレートでマレーの勝利となったようです。




今季の男子テニス界。

常々、ナダルのファンで、そのプレーについては追っているわけで、今季も復帰後は猛烈な勢いで勝ち続け、全仏と全米をとったんですね、ナダルってばほんとすごいです。

ウィンブルドンでの1回戦負けはちょっとショッキングでしたけど、それがあったからこそ、全米での活躍もあったのかな、と思います。

で、tennis365.netを久々にみると、こんな記事がありました。


【コラム】マレー、崖っぷちからの逆転劇<激闘シリーズ その5>


そう、ナダルや、ATPツアーファイナルを制したジョコビッチもそうなんですけど、個人的には、今季はなんといっても、地元勢として、ほんま久かたぶりに77年ぶりのウィンブルドン優勝を果たしたマレーに尽きます。

ほんと、ここまでの道のりは平坦ではなかったですけど、諦めず年々レベルアップしてきて、ヘンマンでも成しえなかったタイトルを獲得しました。

ヘンマンヒルも、これで正式にマレーマウントになるんですかね〜(笑)

期待を受けながら、それを達成するというのはほんと並大抵のことじゃないと思うんですよね、でも、それをやってのけちゃったんだから、ほんと手放しで拍手を送りたいですね。


フェデラーが若干力を落としていますので、今後数年はこの3人により、男子テニス界はリードされるのかな?それとも、そろそろビッグな新人が現れるのか、来年も期待したいところです。




ナダル全仏8度目の優勝!
 まぁ正直、ファイナルはみてなかったんですけどね(笑)

前人未踏のV8、そして、2度目の4連覇を達成。
決勝では、同じスペイン人のダビド・フェレールをストレートで下して完勝でした。

初戦と、錦織君との4回戦、その後、ワウリンカ戦、ジョコビッチ戦を見ましたが、まぁなんと言ってもセミファイナルのジョコビッチ戦ですね。
4時間半を超える大熱戦でした。
両者ともに力の限りを尽くした一戦でした。
フェデラーにサーフェスの得手不得手を超えるくらいの力強さがちょっとここのところ見られなくなりつつある中、この二人はこれからもしばらく、テニス界をリードしていくんでしょうね。
ロディックなども引退しましたし、ナダルたちよりも若いプレーヤーにもこれから出てきてもらいたいですね。

錦織君にはぜひ頑張ってもらいたいですね。
全仏の結果、13位までランキングを上げたそうです。ベスト10も、もう目前!


ナダルにとっては、昨年の怪我からの長い欠場期間は苦しかったでしょう。でも、その後の復帰は素晴らしいものでした。
しばらく休んで、次の大会に備えてもらいたいですね。
おめでとう、ラファ!



That will be a hard gap to fill
JUGEMテーマ:男子テニス

少し触れるのが遅くなりましたけど。

 




"What I will miss the most is competing. That will be a hard gap to fill," Ferrero said.

このギャップを埋めるのは難しいだろうね、ってフェレーロ。

残念ですが、遠からず来るのかなと思ってたことが現実になりました。先日のアンディ・ロディックに続き、ほんとテニスという競技を僕がよく知るようになったきっかけの選手Juan Carlos Ferrero(ファン カルロス フェレーロ)が14年間の現役生活に別れを告げました。

ここ最近は、自分の納得できるような体調を維持できずにいたようですね。
まぁ、それは見てれば分かります。
10月の下旬から始まるバレンシア・オープン、ここがラストになるそうです。体調がよければ、ナダルなども出場するかもしれませんね・

ナダルを応援するようになったのは、最初は、フェレーロと同じスペインの若いのに、すごいのがいる、くらいのノリでしたので(笑)
彼の美しいグランドストロークが大好きでしたね。第二の人生でもベストを尽くしてがんばって欲しいですね。

もちろん、それはロディックについても同じことなんですけどね。




二人ともに何等かの形でテニスに関わっていってくれるということなので、期待しています。また、どこかで誰かのコーチとして、顔を見ることがあるんでしょうかね?
二人ともほんとお疲れ様でした。
7度目の王座。そして、ランク1位復帰。
 今年のウィンブルドンは、早々にナダルが消えたこともあって、あまりチェックしてなかったんですが、さすがにセミファイとファイナルは少し見ました。

ジョコビッチ対フェデラー、フェデラー対マレー
のこの2戦見て思ったのは、フェデラーはやっぱりすごいチャンピオンでしたね。

ここまで戻ってくるとは思ってなかったんですけどね、ほんとすごいですよね。
ショットの鋭さは相変わらずでしたし、ネットに出たときのあの冷静さはいったい何?みたいな。ほんままだまだナダルやジョコビッチ、マレーにとっての壁ですね。





まぁ、あのマレーにとっては、イギリスにとっては、70年ぶりくらいの久々の決勝進出なんだし、優勝はまだ来年以降ですね。チャンスはあるでしょう、彼が大きな怪我でもしない限りは。
ロジャー君、ひとまずはおめでとう!
Barcelona open Final
JUGEMテーマ:ナダル



7連覇達成。モンテカルロに続き、このバルセロナ・オープンもとり、上場のクレーシーズンinとなりました。



ダビド・フェレールとのガチンコの打ち合いは、ナダルが粘り勝ちという感じでした。
ここ一番の大切なところでは、ナダルの集中力、粘りがほんと目立ちました。互いになんだよーってなミスもあるにはあったんですが、いいベースラインからの激しいショットの押収で楽しめました。
第1セットは、なんとか、セットポイントをしのいで、しのいで、タイブレークに持ち込んだナダルがそのままタイブレークはすんなりとりました。
第2セットに入っても、打ち合いは続いたのですが、チャンスをものにしたナダルに軍配があがりました。

Can you Believe it!?、って実況はいってますね。こんなショットも飛び出しました。




これで、キャリア通算48勝目。モンテカルロの8連覇、このバルセロナの7連覇と、一人の選手が2つ以上の大会で、7連覇以上するのは、史上初とのことです。
クレーでの勝率は、ナダルは9割を超え、負けた選手と言えば、ジョコビッチ、フェデラー、ソデルリングなど数えるほどしかいませんね。
今年の全仏オープンも、楽しみです!
Nadal Wins In Monte Carlo!!
JUGEMテーマ:ナダル
 


Nadal Wins In Monte Carlo



ジョコビッチにとっては万全な状態ではなかったようですが、それを差し引いても、昨年負けまくった彼にナダルが全仏を前にして勝てたことは大きいですね。
この土のコートでは、ナダルはやれると。右膝の状態も悪くならなかったみたいですし。

6−3、6−1のストレートで完勝!
おめでとう、ナダル。8連覇達成、すごいね!!
どんどん調子を上げていってもらいたいな。