日常見る自分の好きなものについてぼちぼち書いてます。コメントなどご自由にどうぞ…
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Dr.フロスト、全10話・完。
Dr.フロスト、全10話・視聴終わりました。
前回の記事ほど、悪くもなく、最後の4話はなかなか面白かったですよ。
10話と短いのでなんだか盛り上がりきる前に終わってしまったようで、少し残念だったですね。



ソン・ジョンホさんが途中から登場するのですが、この方が大いにストーリーを盛り上げてくれました。
彼の演じるソンヒョンは、ソン・チャンウィの演じるDr.フロストがヒョンと呼ぶ人物であり、イ・ユンジの演じるソンソンと同じく大学のチョン・サンウォン(チェ・ジョンウ)を師とする人なんですね。

このソン・ジョンホさん、主役にはなっている作品を見たことがないけれど、いつもいい役をされます。
昨年の天命、一昨年は姫の男(王女の男)でも好演されてましたかね。
ちょっと、あいてを挑発するような表情は得意で、いかにもはまるんですね。



正直、最後までフロストの助手をしている女優さんに違和感を感じつつも、最後楽しめたのは、主役とこのソンヒョンの絡みのせいでしょうね。なんか↑の方、顔だちが整いすぎてて見てて違和感を感じるんです(笑)←なんて失敬なw
OCNのシリーズとなるには、ちょっと視聴率が低かったようで、2はないかもしれませんが、もう少し彼らの攻防を見てみた買ったかな、と感じるドラマでした。



ソン・チャンウィさんは、可も無く、不可もなくという感じでした。彼って、スタイリッシュな感じでいいんだけども、凄みがない。迫力トいうものがちょっと欠けてますね。それが出てくると、もっともっと視聴者を引き込めるのにね〜
役柄として感情を失ってしまっている、という縛りがありましたので、なかなか難しいものがあったんでしょう。
もう少しやりようがあったように思いますが、前半はこの役自体を消化できず、単調だったように思います。

 
続きを読む >>
Dr.フロスト、見ています。
Dr.フロスト、見ています。
OCNで放送された作品です。犯罪捜査モノ、というか、日本のドラマのガリレオに似てるのかな。まぁ、それとも違うけど。
ソン・チャンウィっし、がいつまで見てもやっぱり、ひろし、にしか見えないw



だって、↑これなんだもん(^O^)/
心理学者の彼がいろいろな事件を解決していくというものだけども。彼の助手になるチョン・ウンチェさんが、また微妙で。フツーすぎてて全然つまらなくて。
ただ、イ・ユンジさん、彼女は心理学の教授なんだけども、彼女とフロストが絡むときはいろいろと深い因縁もあったりして(いや、大して深くはないかw)、そこそこに面白かったりしまします。



ケーブルチャンネルのOCNだけども、こういう独特な捜査モノシリーズのドラマを作るのがうまいなぁと、ていうか、好きだなぁと感心します。あの手、この手でね。
イ・ユンジさんの演じるソンソンの妹は自殺したのね、そのことにこのフロストはかかわっていたから。
愛する妹だったけども、時々、精神障害のせいで疎ましく、いなければいいのに、と思うこともあったソンソン。そのことを知ってしまった妹は、前半の部分を聞くことなくこの世を去ってしまったんですよねぇ。
二人の関係も、微妙なもののまま。
でも、この6話で、一区切りはしたようですが。と、そうそう、もう6話まで見てしまっています。ちなみに、全10話!
あんまり深い感想もないまま、ここまで見てしまいましたので、最後まで見てしまおうとは思っていますが、おそらくこれはなかなか厳しい評価となりそうですな…。←今からそんなこと言ってる(笑)

 
太陽がいっぱい、全16話・完。
太陽がいっぱい、全16話視聴完了。
素敵なシーンの多いドラマでした。でも、話が単純すぎたのかなぁ。

素敵な映像美と、セロとヨンウォンの行方を楽しませてもらった、と言っておこう。
あと、ジェインの嫉妬顔と(笑)
ガンジェは予想通りといえば、そうなのかも。


続きを読む >>
太陽がいっぱい、12話まで。
太陽がいっぱい、12話まで。
たくさんキャプチャーはしたりしてるんだけども、あまり話が進んでないので、とくに語ることもないという不思議なドラマ。
でも、この4話くらいでだいぶすすんだかな。

息子とおやじ。
ウンスとヨンウォン。ヨンウォンを傷つけまいと、ウンスが見せるやさしさも、ヨンウォンにとっては、私をだましているだけでしょ、とわからない。分れない。分りあえないまま。


ガンジェとセロ。
この二人も対峙する。ハン・テオ会長に近づくもの、それを止めようとするもの。
構図はいろいろあるんだけども、あーんまり話は進んでなくて、その先どうなるの?がしりすぼみになりはしないかと心配している。
セロの見せる愛のかたちは、自己犠牲という言葉でかたづけるにはあまりにも彼自身が辛すぎるけども。

どうでもいいんですけど、ジェイン(キム・ユリ)の嫉妬にあふれたこんな眼差しがちょっと気に入っていたり。自分たちのアジトへヨンウォンを連れてきたセロに、モヤ?ってジェイン(笑)
嫉妬じゃなくて、仲間としてセロ、どうなのよ?とか言っといて、それ完全に嫉妬じゃん。
なんかツボだったりします(笑)



続きを読む >>
太陽がいっぱい、10話まで。
太陽がいっぱい、10話まで。
ドラマの春、ということで(いつからそうなったw)、結構なペースで見ております。視聴率2%!!ドラマ(笑)
なんだかんだでまぁ楽しんではいるのですが、ちょっとキャストが地味なのと、やってることが基本詐欺なので、あまり題材に乏しいといえばそうなんで、この視聴率もいた仕方なしなのかなぁ、と思ったりします。
この二人以外にあまり見るべきところも少なくて、なんだか残念感は漂い始めています。セロだということがいつ発覚するんでしょうね。もう近くまで来ているようにいますけど、ヨンウォンはどんどんウンスに取り込まれていく。



続きを読む >>
太陽がいっぱい、3話。
太陽がいっぱい、3話。
視聴再開です。

このドラマ久々に見たんだけど、キャストが地味まなだけですごく面白そうなんだけど?
ユン・ゲサンのちょっと狂気を含んだ感じのこの3話からの演技はいいと思いました。

画像はまたあとで、追加するとして。
どうも悪役だろうなーと思ってた方がやっぱりクロのようで、それを知ったときハン・ジヘさん演じるヒロインはどうなっていくんだろうなぁ。。。。
チョン・セロから、イ・ウンスに名前を替えて韓国に戻ってきたセロだけど。早くも少し暴走ぎみ。このまま行き着くとこまで行って、彼が破滅に至る、そんな単純な話には見えないけれど、どうなるんでしょうね、

韓国での視聴率はケーブルTVにも劣るというひどい状況のようですが、まずは少しずつ見てみよーと思います。
また、追記るかもです。→続きに。



続きを読む >>
太陽がいっぱい、2話。
太陽がいっぱい、2話。
まぁ、これはもう好みの問題になるんですけど。ユン・ゲサン&ハン・ジヘというキャストが好きなので、どうしても見てしまうんですな(笑)

これから、二人の運命は絡んでいくことになる、と。



続きを読む >>
太陽がいっぱい、1話を見ました。
KBSの新ドラマ「太陽がいっぱい」の1話を見ました。
さっそくの新作チェックでござーい(笑)←さらにどツボにはまる可能性・大。
ユン・ゲサン&ハン・ジヘ主演のドラマです。ソン・ジョンホ君はどうも特別出演のようで、早めに退場しそうな気配です。
久々のユン・ゲサンさん、ユン・ゲサンのドラマなので、ちょっと楽しみにしています。ハン・ジヘさんの出演作は今のところ、当たり外れが多くて何とも言えないのですが、割と好きな方な女優さんです。

冒頭の雪景色の中で、過去を後悔しつつ歩いているセロ(ユン・ゲサン)の姿が何を表しているのか、かなり気になりました。
予告編にも出てはいたのですが、そこに至るまでの過程をまずは追って行くことになるのだろうと思います。



続きを読む >>
太陽がいっぱい、予告編動画とか。


久々にユン・ゲサン主演の作品があるそうで、ちょっと楽しみにしています。

「太陽がいっぱい」、KBSの月・火ドラマで、多分、今日からなのかな??
予告編を見るだけでも、なんかわくわく。楽しむドラマではなさそうなのだけども。

ただ、キャストは主演以外はびみょーですよー(^_^;)
ソン・ジョンホさんが出ると聞いてましたけど、どうも特別出演のようですしね。
あぁ、キム・ヨンチョルさんも出られてるようで、多分今回も”名”悪役なんでしょうね(笑)
見れるかどうか、ちょっとすぐには無理そうな気もするんですけど、多分手をだすんだろうなぁとか思っています。。。。



大王の夢・全70話、視聴完了。
大王の夢・全70話、視聴終わりました〜

最後は、みーんな年老いてしましました。←当たり前(笑)

なんだろう、最後の方は淡々と見てしまって、盛り上がりに欠けましたな。
ちょっと、変なところを引っ張りすぎたんよねぇ。
羅唐同盟のことに関して、チュンチュ⇔ユシン&ボンミンの間で、意見が分かれてしまっていて、このことをずーっとひっぱるんですよね。
百済&倭と、羅唐同盟の戦いのところも、あーんまり盛りあがれなくて、やっぱり、ケベクの最後のところがこのドラマの一番盛り上がったところだったかなぁ?という感じですね。

チェ・スジョンさんの退場を結構ひっぱったので、新羅の朝鮮半島統一の過程の描かれ方はちょっと中途半端というか薄っぺらくて、残念でした。その辺の史実は残ってないんですかねぇ?
ちょっと、もったいないラストでした。
ボンミン役のイ・ジョンスさんは大活躍でしたけどもね、最後の方は。

近肖古王(百済の王)の方が、僕は面白かったかなぁと思いますね〜
という、軽い感想程度で、このドラマはいいかな、と(笑)