CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ご挨拶。


主に韓国ドラマとNBAのPistons、あとサッカーなどのスポーツねたとかたまーに家族ネタなどをつらつら書いてます。

興味があればコメントなどしてみて下さい。
過去記事へのコメントもどうぞお好きになさって下さいませ。

これまでのドラマの視聴履歴はこちら⇒視聴履歴
2020年 視聴済みドラマ一覧。
上から視聴順に並べてます。

Welcome 2 Life


RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
視聴状況 2020.1.25

視聴状況 2020.1.25

 

ナエ・ナラ(我が国)をせっかく見始めたからそれを見ればいいじゃんと思うんだけど、つい視聴意欲がわいてくると他の作品にも手をだしてみたくなってしまうw

 

レンタルDVDショップで子供がDVDを選んでいるときに、ふらっとドラマコーナーに立ち寄ったがために、DVDを借りてきてしまった。

一つは、これ調べるとだいぶ古いんですね、韓国OCNで2014年に放送された、「リセット」。

チョン・ジョンミン主演の全10話のドラマ。韓国ドラマにしては短いので、当時、見たかったんだけども、何かほかのものを見てたかで確か1話を少し見ただけで、スルーしてしまった。

まだ当時は子役の範疇だった、キム・ソヒョンさんが出演してますね。

 

 

あと、日本のドラマ!!

何でだろうなんとなく手に取った3年A組、というのを見始めました。これも10話しかない。いや、日本のドラマだからフツーか。

学園ものを欲していたのかな?見てみると全然ちがうしwww

何じゃこれ?ってドラマでしたが、興味はひかれたので続けてみてみます。2019年のはじめ頃に放送された作品だそうです。

うん、日本のドラマっていつ以来だろう見るの?

 

 

あと、韓国ドラマでは、先週からスタートした、「ザ・ゲーム」、韓国MBCの水木ドラマです。

主演は、テギョン。あと、イ・ヨニ、イム・ジュファンなど出演されてます。

 

 

なかなか面白そうな感じですよ〜

それにしても、最近、捜査ものばかり見てるな。ま、いい作品に出合えるといいな〜

 

 

 

| 視聴状況 | 00:16 | comments(0) | - | |
我が国、1話を見ました。

나의 나라、我が国、1話を見てみました。

史劇、ひっさしぶり〜、で、これなかなか面白そうですよー

 

イ・ソンゲを演じるのが、キム・ヨンチョルさん!悪いわー、いつ見てもこの顔、悪やなーwww

 

ま、こっちを見始めたということは、もう一つの方は、まぁ言わずもがな…

高麗末期の李氏朝鮮建国にかけてのお話。冒頭で、史実をベースとしながらも、お話の部分はフィクションです、って注釈がありました。

 

 

この3人が主演ですね。上から、ソノ(ウ・ドファン)、ヒジェ(ソリョン:AOA)、フィ(ヤン・セジョン)の3人。

わたし、ウ・ドファンさんは初めてですね〜

ソノは、いわゆる貴族の子息。ヒジェは、どうも事情のある女性、身分はもともと高かったのかな?でもキーセンと?生きている。フィは、父を罪人として殺された過去を持ち、そのショックで今も体が痙攣してしまう妹を抱えている。

 

ソノは、沈みゆく高麗を倒そうとしている、イ・ソンゲの刀となりたいと望む人物。父もなかなかな野心家かな?1話を見る限り、すでにイ・ソンゲに取り入っている。

フィは、そんなソノと共に、士官の試験を受けようとするが、父のことや身分が低いことであしらわれてしまう…

 

んな感じの出だしですが、イ・ソンゲと狩りに出るシーンでのソノとフィの色々とかあるんですよね。

うん、面白そうだ〜

 

 

1話、エンド。

 

| 我が国 | 02:26 | comments(0) | - | |
さて、新作物色…w

で、次に何をみるかなぁと思ったんですけど、現在放送中のものに面白そうなのが、ない!うーん。

てことで、いろいろ見てたんですけど、現代劇では、前から見よっかな?と思ってたのが一つ。

 

チョンイル電子、ミス・リー

韓国tvNで、昨年の11月14日に最終回を迎えているので、一気見も可能だなぁとか。

 

 

あんまり面白そう、にも見えないんだけどもw、倒産しそうな会社の経理担当が、どうこうなって、たぶん、会社を立て直していくとかいう作品だろうと憶測←www相変わらずテキトー

でも、こういう作品が意外と面白かったりして、てことで、2,3話見て見よっかな、と。

 

あと、もう一つは、史劇を探していると良さそうなのがありました。

六龍が飛ぶ、とまったく同じ時代背景のドラマです。

「我が国」( 나의 나라 )というタイトル。こちらも、韓国JTBCで、昨年の11月末に完結しています。

 

 

なんともダークなトーンで…

キム・ヨンチョルとチャンヒョクが、李成桂と李芳遠を演じるんだねぇ。でも、この二人は主演ではないところがこのドラマの見どころなのかな。彼らではない、彼らに使える者たちの物語のようです。

これも何話か見てみたいと思ってます〜

 

 

 

 

 

| 視聴状況 | 22:44 | comments(0) | - | |
Welcome 2 Life、全32話視聴終わりました。

Welcome 2 Life、全32話視聴終わりました。

 

 

最後はやっぱりびしっと決めてくれましたw

結局、パラレルワールドでの経験は彼のその後の歩みに行かされたってことですねー

うん、良かった。久々に面白い作品見せていただきました。

 

最後の5話くらいはだーっと一気に見てしまいました。

ドラマの内容としては、悪に立ち向かう正義の警察という大まかな構図はありがちなんですけども、そこに序盤のイ・ジェサン(チョン・ジフン)のパラレルワールドでの体験を絡めることでドラマの内容はちょっと違ったものになってて面白かったです。

あの世界ではああだったのに、こちらではこうで、みたいな。

 

(続きは、ネタバレしてます〜)

 

続きを読む >>
| Welcome2Life | 01:58 | comments(0) | - | |
昨年のドラマ視聴。

昨年のドラマ視聴、完走作品は以下の5つにとどまりました。

 

胸部外科:心臓を盗んだ医者たち
三銃士
神との約束
空港へ続く道
検索ワードを入力して下さいWWW

 

まぁ、ここのところ毎年こんな感じが続いていますね。

どうしても見たい!と思う作品になかなか巡りあえない。うーん。

 

神との約束、はありがちな韓国ドラマの設定ではありましたけど、久々に韓国ドラマらしいものを見たなぁと思い、シリアスなテーマのお話でしたけども、個人的には印象に残っています。

ハン・チェヨンが母親役なんて出来るのかい?とか、勝手に上から目線で見ていましたが、素晴らしかったですね。

 

今年はもう少し見れるかなぁ〜

 

 

 

 

| 視聴状況 | 03:25 | comments(0) | - | |
今年もよろしくお願いします。

2020年ですね〜

明けましておめでとうございます。久々に、近況をつらつらと書き殴ってみますね。

 

 

昨年は、個人的には、NBAバスケに八村塁選手がデビューしまして、低迷するひいきのチームよりもそちらを見てて、年末をあっという間に迎えてしまいました。

ケガで現在欠場中ですが、ここまでの活躍素晴らしすぎるものがあります。焦らず、じっくりと完璧かそれ以上まで直して帰ってきてもらいたいですね。

低迷する我がデトロイト・ピストンズですが、まぁひどい状況です。けが人もいたりですが、それ以上にチームに覇気がない。昨季、POを経験して、さぁこれからというところのはずなのですが、プレーがおとなしい印象で、見ていてまったく興奮しません。この冬にひょっとすると大型トレードが発生するかもしれませんが、このままシーズン終了してもキャップスペースには広大な空きができますので、そのまま低迷ということもありえるかも、というなんとも悲しい状況です。

デリック・ローズせっかく来てくれたのになぁ。。。。

 

 

年間の記事数は、25件ということで、ここ2,3年はずーっとこんな感じですねw

まぁ、韓国ドラマの視聴スペースもあんまり上がっていません。なんだろ、昔ほどいいなと思える作品に出合える頻度が減ってますかねぇ。見たいと思わせてくれる魅力的な俳優さんがいないとやっぱドラマはダメかな、私の場合。

1クールで、おぉこれ見たい、これも見たい!というような盛り上がりが最近ない。制作サイドもマンネリを感じてるんだろうけど、打破できるような素敵な作品にはあまりたどり着けてませんね。

それは、わたしがここにかけれる時間が少なくなっていることももちろん関係しているのですけども。

 

 

あと、家族ネタとしては、今年一番下の子が。小学生にあがります。上の子は、もう小5に今年なります。

うーん。はやい、はやいぞーw

すいすいと自転車に乗ってたりしますし。この上の息子と将棋指したりしてる。もちろん、こてんぱんにやっつけてやりますけどwww

このブログをやり始めたのは、2007年なので、もう13年目に突入するんですかねぇ。まぁ、こんな長いことよく続けてるもんです。時々、書きたくなってここにきてしまいます。

 

 

読書、無い時間の中ですが。

最近読み始めているのは、宮城谷昌光さんの「呉越春秋〜湖底の城」という作品。

おそらく、臥薪嘗胆の語源となった、中国春秋時代の、勾践と夫差という二人の王がいた時代の話だと思います。

漫画キングダムの影響かな、この時代の別の作品を読みたくて手に取りました。

あと、精霊の守り人シリーズがドラマ化された、上橋菜穂子さんの「鹿の王」を次は、もしくは平行して読みたいなぁと思っています。わたし、違うタイプの作品であれば、平行して別の本も読めるタイプの人間ですw

一個にのめりこむとそれしかダメ、という方もいらっしゃると思いますが。

大学時代かな、このスタイルが確立したのは。大学の専門書を読みつつ、図書館で自分の好きな本は持って帰って読む、みたいなことをやるようになってからだと思います。

 

 

だんだん、何が書きたいのは分からなくなってきましたが。まぁ近況なので、こんな感じでいいかな。

そうだ、去年は、乃木坂46にもハマりました。←まさかの!

彼女たちのたどってきたところを見ているとなんだか追いかけてみたくなってしまって、今ではよく曲を聴いたりしています。

いいとして何やってんのよ、この人って感じですが(笑)

 

 

そうそう、去年のフィギアスケート女子の全日本選手権で優勝した子、上手でしたよね〜

ちょっとスピード感がどうなのかな?とか思ったけど、素敵な演技でした。ミスもなかったし、あの緊張感の中でよくできるもんだ。

 

まぁ、今年も興味のあることに、あっちこっち顔だしていこうかと思ってます。

気が向いた方は、顔のぞかせてやってください。では。

 

 

| その他 | 20:07 | comments(0) | - | |
Welcome 2 Life、15話〜20話まで。

Welcome 2 Life、15話〜20話まで。

 

検索回数が、一昨日くらいかな?恐ろしいことになっていましたが、これは衛星劇場で放送が来週から始まるからかな。

まぁ、大したことは書いてませんので、あしからずw

 

 

 

15話冒頭、自らの言葉を回想するイ・ジェサン(チョン・ジフン)。

「この国の検察局に希望をもっていますか?わたしにはそんなものありません。

家族に対する責任を果たすこと、検事として公正を守ること、すべてが含まれているから。」

で、あるのに、なぜいまだに検事としてここにいるのか…?

自分のアイデンティティーについて、未だに悩み続けているジェサン。

 

シオンなしでは、ボナをほおっておいては生きられなくなってしまっている、こちらの平行世界のジェサン。

 

事件の解決に際しても、そのようなことからくる変化を口にします。

もっとも、周りのメンバーにとっては、ジェサンはそのような人間だったのかもしれませんが。

 

そして、この19〜20話ではまた大きな変化が…

 

(続きはネタバレ〜)

 

続きを読む >>
| Welcome2Life | 00:24 | comments(0) | - | |
| 1/387PAGES | >>